#あたシモ

虹の向こう側

アメリカ

アメリカのトイレ事情① うんこする前にシュッシュ!で匂いゼロ!むしろよい匂いになる「プープリー」を試したよ!

最近よくポットキャストなどでCMをやっている「プープリー」 プープリーはそもそもポプリ(pot-pourri)と、うんこを表すスラングであるpooを組み合わせて作った製品名からして「ぷぷっ」と笑ってしまうユーモア溢れる製品。製品名だけでなく、CMもセンス抜…

ナイル・ホーランの来日を機に考える「ワン・ダイレクションとトランプ大統領」

現在、元ワン・ダイレクション(1D)のナイル・ホーランが、ソロ・アーティストとして初めて来日しているそうなので、ナイル・ホーランと、ドナルド・トランプの関係について調べてみました。 ナイルは、2016年の誕生日には、ドナルド・トランプをかたどった…

トランプ支持者の友達が日曜日の「プライドマーチ」を楽しみにしているんだが

わたしには数人のトランプ支持者の友達(とゆーか知り合い)がいる。かつては友達と呼べるくらい仲がよかった子もいるが、大統領選からの一連の騒ぎでかなり疎遠になってしまってる。 トランプ支持者は白人だとか、労働者階級だとか言われるが、わたしの周り…

Uber運転手を殺した女子高生

無差別殺人や連続殺人をするのは男性のことが多いですが、女性の無差別殺人者もいます。 今、話題になっているのが、シカゴ郊外で、Uber運転手を刺殺した16歳の女子高生。彼女は、深夜3時過ぎにウォルマートでマチェーテとナイフを万引きした後、Uberを呼び…

血みどろの「トランプ生首アート」は何が間違っていたのか

ゲイに人気のコメディアン、キャシー・グリフィンが、ドナルド・トランプの「首切り」を模した写真撮影をしたことで、多くの仕事を失っています。 キャシー・グリフィンは、アメリカで有名で、エミー賞やグラミー賞も取っている、成功したコメディアンです。…

世論調査詐欺電話

今日面白い電話がかかってきました。 インド訛りの英語でかかってきて、世論調査だというのです。 最近何回か似たような世論調査だと名乗る電話がかかってきたことがあって、頼んでもないのにかかってくるので忙しいし断って居たのですが、今日は暇だったの…

【ロス観光おすすめ】陸からホエール・ウォッチングができる!しかも無料とかww

今日はロサンゼルスで「陸からのホエールウォッチング」をしてきました。 パロスバーデスというエリア 陸からのホエールウォッチングができるのは、パロスバーデスというエリアにあるポイント・ヴィセンテです。 ここは、LAXから南に約40分ほど行ったところ…

アメリカの映画館で字幕マシンを借りてみた!

ロサンゼルスの映画館で字幕マシンを借りてみました! アメリカの映画館で借りられる「字幕俺だけ見えるマシーン」が素晴らしい - Togetterまとめ ↑ここで取り上げられている奴です。アメリカでは、アメリカ障害者法(Americans with Disabilities Act of 19…

壊された監視カメラと、目の前にある格差

最近わたしの住むコンドミニアムで泥棒が増えているという話をした。 わたしの住むコンドミニアムで泥棒が多発している - #あたシモ 一階の住人は窓ガラスを切られて侵入され、三階の住人は天井からロープを使って侵入されたのだとか。 それに関して、また続…

LAの住宅問題の救世主?仮設トイレを使ったタイニーハウス!

ロサンゼルスの深刻な住宅不足とホームレス問題を解決するためにトイレを使って「タイニーハウス」を作るというユニークなプロジェクトがあることを知りました。 http://www.ourownbackyardhomes.org/ 高騰するロサンゼルスの住居費 プロジェクトの提唱者JK…

わたしの住むコンドミニアムで泥棒が多発している

長い一日を終え、身体を引きずるようにして帰宅すると、全部大文字で書かれた英語の手紙が置かれていた。全部大文字で文章を書くっていうのは、英語ではよっぽどのことだ。手に取ると、コンドミニアムのHOA(ホームオーナーズアソシエーション=マンション管…

トランプ支持者の頭の中 :シリコンバレーのリベラルな僕が、全国の100人のトランプ支持者と会って話した結果

シリコンバレーで、ベンチャーキャピタルを運営しているサム・アルトマン(Sam Altman)が、選挙の後、トランプ支持者100人に会って話しを聞いたブログ記事がバイラルしている。 この記事がものすごーく興味深かったので、以下紹介します。 2年後の中間選挙、…

アートディストリクトの夜遊びが楽しいよ!

ダウンタウンのアートディストリクトのブリュワリーに飲みに行きました! その名も「アートディストリクト・ブリュワリーカンパニー」 そのまんまだなぁ。 最近わたしはウェストハリウッドじゃなくて、ダウンタウン行く方が多いです。ガールズパーティーも、…

全米で移民一斉摘発!大量逮捕が続いています

Why ICE doesn't use the word "raid" after immigration arrests https://t.co/LdEIs5P471 pic.twitter.com/lx6pVym3vd— CNN (@CNN) February 14, 2017 先週から、アメリカでは、移民局(Immigration and Customs Enforcement 通称ICE)による一斉捜査と大量…

すごかったスーパーボウルの逆転劇‼︎

昨日書いた記事です↓ 黒人ゲイ少年の成長物語!←ってまとめていいのかな(汗)映画『ムーンライト』めちゃくちゃよかった! - QUEER NEWS JUNKIE #あたシモをLGBTネタ目当てでフォローしてくださってる方はどうかこちらの『QUEER NEWS JUNKIE』も、読書にな…

アメリカの就職活動

アメリカの転職活動は、自分で転職サイトに登録して探すこともできるが、リクルーターに仕事を紹介してもらうことが多い。 リクルーターは、自分で探してなくても、Linkedinなどから突然コンタクトをしてきたりする。 その後、リクルーターと会ったり、FaceT…

(写真と動画あり)ロサンゼルスのウィメンズマーチに参加してきました!

選挙の後から話題になっていた、ウィメンズマーチ。ドナルドトランプの大統領就任の翌日に大々的に行われました。 友達の中にはワシントンD.C.まで行った人もいるんだけど、ホテル代すごいことになってたみたい。わたしはロサンゼルスで行われたマーチに行っ…

ロサンゼルスでビルマ料理を食べてきた!

以前から、ロサンゼルスで本当に食べるべきなのはエスニック料理だ!って主張してるイチカワユウです。こんにちは。 ビルマ料理を食べましたよ〜。 今はミャンマーと言う国名ですが、多数派であるビルマ族の食文化が中心ということで、ビルマ料理と表記しま…

ロサンゼルスでおすすめの蕎麦屋さん

今回はロサンゼルスの観光情報というより、現地に住んでる人です。 ロサンゼルスでは、ラーメンはすっかり「雨がアメリカ人も食べるもの」になりました。しかし、ラーメンだけが麺だけじゃありません。 蕎麦も美味しいです。ということで、ロサンゼルスのお…

アメリカが「トランプランド」になった日 --わたしの大統領選

一週間遅れてしまったけど、ちょこちょこメモしていた分があるのと、毎日移り変わる気持ちを書いておいた方がよいと思うので、書きます。 11月8日、火曜日。 大統領選の投票日だった。 アメリカ人のパートナーFちゃんは、朝、前日記入したバロット(投票用紙…

投票日直前のアメリカ

さて、いよいよ火曜日に迫ってきたアメリカの選挙。 大統領選だけでなく、国会議員選挙や、州議会議員選挙、さらには地域に関わる提案の住民投票など、実に投票のポイントは30個近くあります。 大統領選だけでも色々迷うのに、他の政治家の情報や、住民投票…

遺伝子組み換えの「光る熱帯魚」

道端でTropical Fishという看板を見かけ、無意識に「トロピカルってどこの国の料理?どんな魚?美味しいのかな?」と思ってしまったら、そこはペット屋さんでした(汗) そこで見つけたこんな魚。 ネオンテトラとは明らかに違う派手な蛍光色。近寄って見てみ…

アメリカンジョーク「日本人の女の子」と差別的なジョーク

アメリカ男が日本人の女の子に電話番号を聞いた。 「電話番号教えてくれる?」 女の子は、おしとやかに笑って答えた。 「セックス、セックス、セックス。フリーセックス、トゥナイト(今夜無料でセックス)」 な、なんだって? 驚く男に、友達が囁いた。 「…

アメリカのレストラン料金の払い方&チップの払い方〜!

皆さん、アメリカのレストランで料金やチップの払い方をご存知ですか? そんなの当たり前のように知ってるよ!という人はたくさんいると思うのですが、意外と知らない人もいるのかなー?と思ったので、今回は、チップの払い方について書きます。 レストラン…

カウンセラーとチャットし放題!メンヘル大国アメリカで熱い「オンラインセラピー」

最近、Facecbookで、「社交不安障害を克服しよう!」的な広告ばかり出てくるんですよ。Facebookめ……わたしが人間関係苦手なことをなぜ知っている……。しかも、それがなんというかものすごく今風というかおしゃれな感じで出てくるんですね。というわけで、今ア…

これはキモいww トランプのヌード像が全米に登場w ロサンゼルスにもあるよ!

共和党の指名候補であるドナルド・トランプの全裸の銅像が、全米各地に登場しました!Ewwwwww〜! The Emperor Has No Balls. Los Angeles #INDECLINE . . . . . . (photo: @birdmanphotos) A photo posted by INDECLINE (@indeclineofficial) on Aug 18, 20…

LA郊外で大火事発生。住民八万二千人が避難中 / サンベルナディーノという街について

This picture highlights how intense the #BlueCutFire is. Thankful for the unified commands efforts. pic.twitter.com/ABmGNQMKJW— CHP PIO - LA County (@CHPsouthern) August 17, 2016 ロサンゼルスから東に60マイルほど行った郊外のサンベルナディー…

危険地帯って本当?ロサンゼルスのワッツに行ってみた!

こんにちは!せっかくロサンゼルスに住んでいるので、ロサンゼルス旅行に役立つ情報を書いていこう!と心に決めたイチカワユウ(@yu_ichikawa)です! ワッツに行ってきた この前、ワッツに行ってきました。ワッツは、ダウンタウンの南、ロサンゼルス国際空…

ソイレントのCEO、刑務所入りの危機!

ソイレントのCEO、ロバート・ラインハートに対して、警察が動き出しました。 ……といっても、「食事から解放される」粉と液状の食べ物ソイレントについての話ではありません。 ソイレントについては、こちらの記事をご覧ください。 噂の完全食「ソイレント」…

友達の親の方に強いシンパシーを感じることが多い理由

アメリカに来てから、友達の「親」に強い興味を抱くようになった。わたしの仲いい友達はほとんどが、アメリカ生まれまたは幼少時に移民してきた「アメリカ人」で、自分自身のように大人になってから移民してきた人は少ない。しかし、彼らの多くは「移民」の…

99セントストアのペイフォワード

今日、99セントストアに行ったんです。日本の100円ショップみたいなもんですね!小物を整理するためにジップロックもどきとかゴミ袋とかを買おうと思ったのです。99セントストアでは、ちょっとした掃除道具とかパーティ用の小物に加えて、食料品も売っている…

家に警察が来た話

朝、初恋の人が出てくる夢をみた。あまりに幸せだったので朝活そっちのけで二度寝をし、まんまと夢の続きを見ることに成功。よい夢見たなぁ〜うふふと思いながらも、「そういえば、昨日の件、警察に連絡しなければ。911(日本の110に相当する緊急番号)じゃな…

泥棒に通販の小包を盗まれた体験談

夜、家でくつろいでいたら、外からピンポーンときました。見るとセキュリティのお姉さん。はじめはFちゃんが対応してたのですが、どうもわたしと話したいようで……え、なになに?と思ったら「あなたのAmazonの包みが盗まれました」というではありませんか!え…

超ディープなLA体験!日系人の心の故郷「ボイルハイツ」にある「お富さん」で食べてみた

皆さん、こんにちは!エミさんと一緒にボイルハイツにある日本料理屋「お富さん」に行きました。 ボイルハイツとは? ボイルハイツは、ロサンゼルスのダウンタウンから東に約10分ほど行ったいわゆる「イーストLA」と呼ばれる地域です。現在では「ここ、メキ…

#BernieOrBust(バーニーか破滅か)「クリントンには絶対入れない」と言うサンダース支持者の傲慢

大統領選挙は、共和党がドナルド・トランプ、民主党はヒラリー・クリントンで指名候補が固まりつつあります。一気に11月の一般選挙に向けた「NeverTrump(トランプを阻止しよう)」という声が高まるなか、サンダース支持者による「#BernieOrBust(バーニーか…

シャイな人でも大丈夫!アメリカのパーティやサークルでうまく社交するコツ3つ

photo by Ian Broylesアメリカに来て鍛えられた能力といえば「スモールトーク」や、社交術だと思う。パーティやよく知らない人たちの輪の中で、それなりに社交的に振る舞い、ネットワークを広げていくという能力だ。 よく知らない人と話すのは苦痛だし、辛い…

今日体験した人種差別の話

今日、公園でランニングをしました。わたしは音楽を聴きながら走っていたのですが、Fちゃんがあることに気づいて、憤慨しています。 「あの男、うちらとすれ違う度に、ミン!ガオ!って言ってる」 はぁ? 最初意味がわからず、なんでFちゃんがそんなに怒って…

めちゃくちゃ「トランプ批判」してた共和党の政治家これからどうするの?という話

アメリカ大統領選の予備選挙が続いています。テッド・クルーズとジョン・ケーシックが撤退を表明したことで、ドナルド・トランプが共和党の大統領候補としての指名獲得が確実になりました。 これを受け、民主党のヒラリー・クリントンが動画広告をリリース。…

コーク兄弟とヒラリー・クリントン

Photo by Gage Skidmore CC BY-SA 3.0 今、アメリカの大統領選挙の黒幕として名前がよく出るのが「コーク兄弟」です。コーク兄弟は、非上場企業としては米国内で二番目に大規模な企業「コーク産業」のオーナーとして知られます。 コーク産業の基盤は、彼らの…

米・「投票する権利」と実質的平等

photo by rustybrick ニューヨークで予備選があり、トランプとクリントンが大勝しましたが、実はその影に「投票したいのにできなかった」多くの有権者がいました。 ニューヨークの厳しい投票制限 消えた6万人 勝手に変わる「支持政党」 日本の話 ニューヨー…

人気ニュースキャスターのアンダーソン・クーパー「投票しない」宣言

Photo by Tulane Public Relations CNNの人気ニュースキャスター、アンダーソン・クーパーが「どの候補者に投票するか」を問われ、「投票するつもりはない。レポーターは投票するべきではないと考えている」と答えたことが話題になっています。 ホストのハワ…

【翻訳】「書類がない移民」としての人生 -- アメリカの「不法移民」とはどんな人なのか?ピューリッツァー賞を獲ったあるジャーナリストの回想記

現在、オバマ米政権が打ち出した400万人以上の不法移民に対する強制送還の延期計画をめぐり、テキサスを始め、26州が起こした違憲訴訟の審議が最高裁で行われています。裁判官たちの意見が割れていることもあり、多くのメディアの注目を集めていますが、ここ…

【全文和訳】ブライアン・アダムスも!ミシシッピ州の反LGBT法に抗議するため公演中止

ロック歌手ブライアン・アダムスがミシシッピ州で成立した反LGBT的な「宗教自由法」に抗議するため、予定されていたライブを中止しました。公式サイトにて発表された声明全文は以下のとおり。 「1523法を止めよう」 ミシシッピは反LGBT的な「宗教的自由」法1…

LA観光のリピーターにおすすめ!「アボット・キニー」の好きなお店

photo by shinya 久々にFちゃんとデートしました。 お昼すぎから、ベニスビーチにある「アボット・キニー」という通りをブラブラ歩きました!ここにはおしゃれなレストランやカフェ、洋服屋さんや、雑貨屋などがそろっています。「普通のロス観光には飽きた…

歌手ブルース・スプリングスティーン、ノースカロライナ州でのライブをキャンセル

ロック歌手のブルース・スプリングスティーンが、ノースカロライナ州で成立した法律HB2に抗議するため、同州で予定されていたライブをキャンセルしました。 HB2とは、ノースカロライナ州内の地方自治体が反差別法を制定することを禁止するもの。これによって…

コカ・コーラ、ペプシ、日産、トヨタ…ミシシッピ州の反LGBT法に対して、大企業が反対表明

photo by JeepersMedia ミシシッピ州では、先週もっとも極端な反LGBT法と言われる「宗教自由法」ことHB1523が可決し、今週頭に実業界からの反対を押し切ってフィル・ブライアント知事(共和党)が署名、成立しました。 これに対し、大企業が反対を表明し、HB…

ほんの数年前まで「同性婚なんて夢のまた夢」だと思っていた

photo by Adam Mulligan ニュースをウォッチしていると、メディアの報道があてにならないというのが、よくわかる。いや、もちろん、現状を理解する上で、ニュースを見るのは大事だ。でも、メディアによる分析が、全然当たらないことも多い。一年前、ドナルド…

「ミシシッピ州へようこそ!」動画が笑えるけど怖いw

コメディーサイト「Funny or Die」で、ミシシッピ州をネタにした動画が公開されました。 内容は、ミシシッピ州への観光を促すパロディ動画で皮肉に満ちています。かいつまんで紹介すると、こんな感じ。 「ブライアント知事のおかげで、私たちは抑圧的な心に…

「宗教の自由」の名を借りて、LGBT差別をする法律がこんなに審議されていた!

photo by michellerobinson.photography ミシシッピ州で成立した「宗教自由法」が話題になっています。宗教に関連した、差別的な法律には、以下のようなさまざまな種類があり、同性婚が認められるのと前後して、現在では多くの州で以下のような法律が提案、…

ドナルド・トランプが実はLAでもNYでも嫌われてる件w

photo by Chris Piascik ハリウッドで落書きされるトランプの星 ロサンゼルスの観光名所、ハリウッド&ハイランドにあるウォーク・オブ・フェイム(セレブの名前が埋め込んである道)で、ドナルド・トランプのタイルが破壊活動の被害にあっています(参考記…