#あたシモ

虹の向こう側

あなたはどのタイプ?愛情をどのように感じるかの5タイプ「愛情の5言語」

彼女と付き合いたての時、「何をされた時に一番愛を感じる?」という話をしたことがある。

彼女の答えは「助けてもらった時(When somebody is helpful)」と言うものだった。それはわたしにとっては意外なもので、ちょっとピンと来ず、具体的には?と聞くと、「例えば、私はランチをよく忘れてしまうのだけど、それを忘れないようにキチンと朝揃えて出してくれたりとか。そーゆーことで愛を感じる」と言うのだった。とりあえず覚えておかなきゃね、と思った。

それから二年経ち、まあそれなりに喧嘩や仲直りを繰り返してきたが、ある日、彼女が、これ見てみて‼︎と嬉しそうにとあるウェブサイトを見せてきた。

『愛情の五言語』というそれは、「何をされた時にもっとも愛を感じるか」というタイプ分けについて解説したものだった。

五つの愛情の言語は、それぞれこんな感じだ。

  1. アサーティブな言葉--愛してるとか褒め言葉を言われること
  2. 奉仕の行動--家事や仕事を助けてくれたりすること
  3. 贈り物--ちょっとした贈り物
  4. 質の高い時間--スマホやテレビなどに邪魔されない二人だけの時間
  5. 身体的接触--性的なものではなく、 側にいたりふれたりという接触

まぁ、全部必要だよね〜!と思うかもだけど、そのなかでも何が重要かというのは、やはりタイプがあるんだろうな〜と思う。

自分は、言葉派かなぁ〜と思ったが、テストをやってみたら、一番高いのが身体的接触、次が質の高い時間、次が言葉だった。

彼女は「奉仕の行動」タイプなんだろうね。これは、どのタイプとどのタイプが相性がよいとか、そーゆー相性占いをするものではなく、相手と自分のタイプを知ることで、よりよいコミュニケーションがとれるようにするためのものらしい。

人によって、愛を感じる表現が異なるため、カップルによって、愛の表現は異なってくる。SNS上で四六時中ラブラブっぷりを表現するカップルもいれば、人前でいちゃいちゃしまくるカップルもいる。かと言えば、外から見たらまったくカップルには見えないほどクールだけど、片方がさりげなくもう片方をサポートしていたり。どれが正しいとかではなくて、これも相性なんだろうね。

あなたは、どのタイプですか?

http://www.5lovelanguages.com