#あたシモ

虹の向こう側

バナナが好きでたまらない

バナナが大好きだ。 いつも家にある。

photo by keepon

よく熟して、皮がうすーくなり、茶色い斑点が出たようなのがよい。

硬くて青いのは渋みがあって、それはそれで爽やかでいい。

大抵朝はミキサーでバナナジュースを作って飲む。バナナ一本と氷を数個、これにミルクを入れてガーッと混ぜる。泡立ってフワフワの不思議な食感だ。

このバナナジュースは、昔アルバイトしていたカレー屋で覚えたものだ。当時お金がなく、まかないのご飯を山盛りにして怒られたりしていた私にとって、毎日自分の作る数百円のバナナジュースは手の届かないものだった。白く泡立った冷たいバナナジュース!あぁ、飲んでみたい。どんな味なんだろう〜。

そんなある日、バイト先のミキサーが新しくなった。横に置かれた古いミキサーを見ていたわたしに、店長が言った。

「それ、持って帰っていいよ」

わたしはその店長が苦手だった。地元出身ではないわたしのイントネーションをからかったり、わたしの通っていた学校をからかったり、とにかくどう反応したらよいかわからない冗談ばかり言うのだ。

でも、その時は嬉しかった!やった!ありがとう店長!

ミキサーを抱えて持ち帰ったわたしは、早速バナナジュースを作った。初めて口にするバナナジュース。う、うまいっ!バナナしか入れていないのにキチンと甘くてクリーミーで冷たくて、美味しいー!

その日以来、わたしはバナナジュースが大好物になった。

今でも毎日のように飲む。

ミルクを豆乳に変えたり、イチゴを入れたり。プロテインパウダーを入れて、パワーシェイクにする時もあるし、ケールや青汁のもとを入れるのも美味しい。黒ゴマを入れると、途端に和風な味わい。

しかし、シンプルなバナナジュースの美味しさは一番だ。

サーカスナイト

サーカスナイト