#あたシモ

虹の向こう側

病を持つ人に必要な哲学

病気とうまく付き合うためには、それなりの哲学が必要で、それがないと、体調が悪い自分を責めたり、無理に元気なふりをしたり、必要以上に辛いアピールなどをしてしまう。

闘病記を読むのが好きなのは、個々の病気にについて知りたいぁけではなく、そこらへんの心境というか、「付き合い方のコツ」みたいのを知りたいからかもしれない。