#あたシモ

虹の向こう側

「やってみたいな」「いや……できるはずない」「もしかしたらできるかも」「…やっぱり無理だ」のせめぎあい

photo by jjjj56cp

今日は、恋人であるFionaとつきあいはじめてから2年7ヶ月目の記念日!彼女が食事に連れて行ってくれました!わーいわーい!普段わたしは彼女のことをケチとか言ってますが、こういう時はちゃんとやさしいんですね。あと誕生日とかもしっかり奮発してくれます。ありがとう。

しかし、何より、彼女の一番好きなところがあります。最近そのことをものすごくはっきりと感じるようになってきたのですが、彼女って、顔が可愛いとか優しい(何かしてくれるとかくれるとか)とか、面白いとかセクシーとかっていうより、自分が無意識のうちに「不可能に決まってる」って決めつけてしまっていたことを気付かせてくれて、そして「いや、そんなことないよ。できるんじゃない」っていう気持ちにさせてくれて、そして、本当に実現してしまうんです。もちろん、恋人だけじゃなくて、本を読んだり、映画を観たり、好きなブログを読んだり、友達と夢を語り合う中で、そういう瞬間が訪れることもありますけど、やっぱり恋人の影響って大きいわけです。

わたしは、それなりにポジティブで、前向きっぽいキャラなのですが、それでも本当はできるはずなのに、勝手に「無理」って思い込んでしまっていたことが、沢山あるんですよね。やりたい、いや無理、でもできるかも、自信ない、よしやろう、やっぱり無理だよ。そんな感じで、全然進まない。そんな風にいつのまにか自分の周りを覆ってしまった「殻」は、外からガツンと壊してもらうのがよいみたいです。

というわけで、今日は二人でとある挑戦をすることを決めました。というか一人でも挑戦しようと思っていることなのですが、二人なら、もっと頑張れそう。頑張ります。