#あたシモ

虹の向こう側

アメリカと取引する人は要注意。サンクスギビングは、お正月みたいなもんで、オフィスはほとんど機能してません

さてこの季節がやってきました。サンクスギビングです。

Thanksgiving: Recipes for a Holiday Meal

この行事というか祝日に対する認識って、相当日米でずれている気がします。あのね、今週、アメリカに新規開拓とか込み入った話のメールや電話とかしない方がいいですよ!

日本で感謝祭とかサンクスギビングというと、お、オッケーなんだっけ?七面鳥食べるんだっけ?という感じだけどアメリカ人にとってはお正月、またはお盆並みのビッグイベント!

みんな実家に帰ったり、旅行したりするし、何より多くのオフィスが暑いクローズします。一応、木曜日がサンクスギビングなのだけど、アメリカ人は、水曜日からそわそわし出して、昼下がりにはさっさと帰り、もうその週は仕事になりません。

もっと言うと、この傾向は、サンクスギビングからクリスマス、お正月までの、いわゆるホリデーシーズンに当てはまることで、この期間は、あらゆることがスローになり、引っ越しをする人もいないため不動産の価格も下がります。家を高く売りたいなら、春まで待ったほうがいいです。

もちろん七面鳥も食べます。どんな風に七面鳥を料理するのか、つけ汁には何を入れるのか、詰め物には何を入れるのか、とみんな大騒ぎして「我が家の七面鳥自慢」がはじまります。あのね、ぶっちゃけ、七面鳥って別に美味しくないです。

そして、七面鳥を食べた後は、ブラックフライデーということで、お店の安売りがスタート。←最近ではもう木曜日からスタートしてます。もはやそんなに安くないと言われているブラックフライデーなのに、アメリカ人は行列に殺到し、怪我人や死者が出ます。OMG。

なんでこんなんなのか意味わかりませんが、七面鳥を食べるのも、買い物に行くのも、日本の人がおせちを食べたり、初詣に行列したりするのと同じような感じなのかなと思うと納得です。

外国の行事を輸入するのが大好きな日本でもまだサンクスギビングはそんなに普及してないと思う(←食肉業界とかが、七面鳥仕掛けるかな?)ここまで大型な連休になることはまぁないでしょうね。

よろしければこちらも読んでね!

年に一度の安売りセール時期?「ブラック・フライデー」&「サイバー・マンデー」を賢く利用するために絶対知っておきたい7つのコツ - アメリカン節約記

押して、押して、押し倒されろ!