読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

ブログを毎日書くというのは割と利己的なことなのかもしれない

今本当とにかく時間がない。

夜早く寝たいけど、彼女との時間も大事にして、話した方だったら話していちゃいちゃしたそうだったらして、友達とのディナーの約束をし、クラブにも行き、仕事相手との愛想笑いの会食を乗り切り、酒も飲み、カラオケも歌い、掃除洗濯皿洗い、スーパーへの買い物、本も読み、ドラマを観て、そんでもってブログを書くとかなかなか大変すぎる。

いや、できなくはない。

でもその過程でかなり何かを犠牲にしないとできない。ブログを絶対書く!と思っていると、色々なものが犠牲になるので、わたしはあえてそうは考えないようにしている。

ブログが書けない日があっても良い。そう考えないと、どんどんギスギスしてしまい、ブログより大切なものをなくしてしまいかねない。

自分にとって大切なのは何か?

それを常に考える。

過去にも、ゲームとかで時間が取られて二人の間に亀裂が入ったことがあり、その時は泣く泣くキッパリやめた。やめたら意外と楽だった。でもブログは、自分が自分でいるためにやっぱりずーっとやりたいことではあるんだよなー。

でもやっぱり目の前で人が自分を求めてたらそれを無視することはできないし。

ブログを毎日書く!と決めてそれをやるのはなかなか自分中心でないとできないことなのかもしれないと思った。←別に悪い意味ではない。

もちろん意思の強さの表れでもある。

わたしは比較的、柔らかく、しなやかにいたいとおもってて、とりあえず、ガチガチにブログのルールとかを作りたいわけでもなく、気づいた毎日更新してたわ〜みたいのが理想。だけどぼーっとしてたら、とにかく時間てどんどんなくなるので。それはキチンと朝起きるなりなんなりで時間ひねり出すところまで含めて時間管理だと思う。


忙しいのに、すごいアウトプットをしてる人がいるんだしね。やり方次第。諦めなくてよいなら、リアル重視で、柔らかに、しなやかに、やっていこう。