#あたシモ

虹の向こう側

Googleの「関連コンテンツユニット」が導入できないので仮説を立てて対策してみる!

Google

Googleの関連コンテンツユニットとは?

Googleの関連コンテンツユニットという機能があります。これは、ブログなどの下部に設置すると、関連記事をサムネイル画像と共に表示してくれる機能です。

関連コンテンツを表示すると、サイト内の回遊率が上がり、訪問あたりのPV数、滞在時間などが増えるメリットがあります。Googleによれば「関連コンテンツでページビュー数が 9%、滞在時間が 10% 向上します」とのこと。これは、かなり大きいです。

わたしは既に、類似機能を持つMilliard関連ページプラグインLinkwithinを導入しているため、ここまで劇的な変化は見込めない気もしますが、一度Googleの「関連コンテンツユニット」も試してみたいと思いました。

Googleの「関連コンテンツ」は選ばれし者しか使えない

ところが、この「関連コンテンツ」ユニットは、すべての人が使えるわけではありません。特定の選ばれたサイト管理者しか使えないのです。ううぬ。

関連コンテンツユニットのご利用資格

関連コンテンツを利用できるのは特定のサイト運営者様だけです。ご利用いただくには、サイトのトラフィック量とページ数の最低要件を満たしている必要があります。関連コンテンツによってユーザーに優れたエクスペリエンスを提供していただくために、この要件を設定しています。 とのこと。関連コンテンツユニットを利用できるかどうかは以下の3パターンに分かれています。

  • 関連コンテンツユニットを利用できない
  • 関連コンテンツユニットを利用できるが、広告は表示できない
  • 関連コンテンツを利用し、その間に広告を表示できる

自分のサイトが関連コンテンツユニットを使用できるかは、GoogleAdSenseアカウントから確認できるのですが、わたしのブログでは関連コンテンツを利用できませんでした。ぐぬぬ。悔しい。

関連コンテンツユニットの解禁条件とは?

それでは、一体どの程度のトラフィックとページ数があれば、関連コンテンツが使えるのでしょうか?Googleでは具体的な基準は発表していませんが、「サイトがトラフィック量とページ数の最低要件を満たしていません。」ということなので、トラフィック量(ページビューのこと?)とページ数が関係しているようです。

検索していると「月間PV10万くらい」で解禁された方が多いようです。 でもそれより少なくても解禁されている人もいるようです。

関連コンテンツユニット解禁ケーススタディ集

ちょっとここで、検索して見つけた「関連コンテンツが解禁されたブログ」の規模の例をご紹介します。

  • 月間40万PV
  • 記事数400
  • 運営期間1年と8ヶ月

関連コンテンツの出現条件は?広告掲載基準と収益効果も注目


アクセス数が月間10万以上、 記事数が累計200以上というサイトで、 広告付きの関連コンテンツユニットが使えました。

関連コンテンツユニットの条件や基準とは?貼り方や設置方法まとめ! | 20代夫婦がパソコンで楽しく稼ぐ!~ユウとカナの新婚生活ブログ~


当ブログの場合、月10万PV、約250記事で開放されました。

AdSense関連コンテンツユニットの利用条件、導入効果、問題点 | NaeNote


  • 記事数:154(本記事含む)
  • アドセンス許可日:2016年11月7日
  • 総PV数:4万程度

グーグルアドセンスの関連コンテンツユニットで広告オプションボタンが有効(広告掲載が許可)になっていました! - 薪、欲しいんです。


僕の場合は月間30万PVを超えたぐらいで関連コンテンツ機能が使えるようになりました。

アドセンスの関連コンテンツユニットの収益効果は?単価や利用条件を解説!


僕のサイトのトラフィックは月間で2万PVとか3万PVとかせいぜいそのくらいです。なのに関連記事を出せるようになりました。

アドセンスの「関連コンテンツ」がもう解放されてた。月2、3万PVしか無いのに何故? - シャイニングマンの「勇気を君に」


ふぅーむ……。

わたしのブログってね……「858記事」あるんですよっ!

PVも直近は激減していますが、月間PVがコンスタントに10万を超えていた時期もありました(過去形)。というわけでコンテンツの量的には頑張ってると思うんです。それなのに、Googleの関連コンテンツユニットが使えないなんて……。悲しすぎる。しくしく。なぜだ、なぜなんだ。というわけでもう少し深掘りして理由を考察してみました。

関連コンテンツユニットが使えない理由考察

仮説1 専門性が低いため

ひとつの有力な仮説はこちらです。Googleは、ユーザーエクスペリエンスを大事にしているため、いくら、テーマがバラバラになりがちな「雑記ブログ」よりも、専門性の高い特化ブログの方が、「関連コンテンツユニット」の意味があるということですね。

以前から何度か書いているように、本ブログ「#あたシモ」は「雑記ブログ」であり、わりといろいろなことについて書いています。「アメリカ生活」「フェミニズム」「クィア」「海外エンタメ」など、それなりにいくつか軸は持っているつもりなのですが、そちらをもっと絞り込んだ方がよいのかもしれませんね……。といっても、このブログを今さら特化ブログにする気はないので……どうしようかな。

対処法:専門ブログを作って検証してみる。クィア系ニュースに特化した「Queer News Junkie」は記事数が54件、月間PVが数千件というショボさなので、テコ入れしがいがあります。

仮説2 独自ドメインでないため

上で「開放された」と書かれているブログはほとんどが独自ドメインでした。わたしのブログははてなブログのサブドメインですので、もしかたら、これが影響しているのかもしれません。

ということで思い切って、独自ドメインにしてみよっかなと考えてみますw ドメイン代って大体年間1,000円くらいなので、毎月100円でも収益アップするなら余裕でペイできます。

対処法:メインブログ(#あたシモ)で独自ドメインを取る。これはすぐできそう。

以上です。関連コンテンツが表示できるようになったら、またブログでご報告します。うまく行きますように!

yuichikawa.hatenablog.com

yuichikawa.hatenablog.com

yuichikawa.hatenablog.com

yuichikawa.hatenablog.com

↑こうやって手動で「関連記事」を出すのもよいのですけどね〜。