#あたシモ

虹の向こう側

ヨガやりたい

好きな人ができて、好きでたまらなくて、でも、別に今更セックスしたいとかでもない。でも、友達とも違う、好きなんだけど、行き場のない思い…みたいなモヤモヤに苦しんでる場合のライフハックを見つけた。

それは、「一緒にヨガする」を目標にすること。

だってさ。

一緒にヨガするって、もはや、ある意味、人間関係のゴールだと思うんですよ。めちゃくちゃ仲良くないですか?一緒にヨガするって!親密ですよ!ううっこのポーズキツい…とか思いながらも隣のマットを見たら、ちょっと汗ばんだ彼女がニコッと笑いかけてくれる、とか、最高じゃないですか?

一緒に大麻吸うとかでもいいんですよ!車の中とか、どこかで横になって、代わる代わる、この曲おすすめなの!って、Spotifyで好きな曲流しながら、延々とまったりする。あー、最高。

一緒に踊るとかでも良いんです。何も考えず、思いっきり踊りまくる。はー、想像しただけで、イキそう!

でもさ、問題はさ、もうわたし、あんまり踊りに行かないし、大麻も吸わないんです。大人になったということなのでしょうか?本当はもっともっとメチャクチャに踊り狂いたい時、今でも、全然あるんですけどね。でも、一年に数回って感じだし、それを好きな子と体験できるか?っていったら相手の都合もあるし好みもあるし、なかなか大変なんですよ。段々そう言う機会はもうなくなって来てて。

わたしに残された快楽って言ったらもう、ヨガなんですよ。