#あたシモ

虹の向こう側

ミスUSAの謝罪と、「英語がわからないアジア人」

ミスUSAが、ミスベトナムと、ミスカンボジアをバカにしたコメントをして謝罪してます。

内容は「ミスベトナムさんさー、全然英語わからなくて、散々話しかけて、会話しようとしてるのに、(ニコニコうなずいてるだけなの、ウケるー!」みたいな感じです。←意訳

一緒に話しているのは、ミスオーストラリアと、ミスコロンビア。みんな可愛いけど、こーゆーことを流してよいと考えちゃう段階で知性がない。

ま、前回書いたように、英語圏の人で、「英語話すのが普通」って感覚にそまっちゃってると、こーゆー気持ちになることもあるんだろう。確かに英語ができない人とコミュニケーションするのは大変だし、誤解も生まれがちなのでストレスはある。そこはわたしもわからんでもない。

でも、それをこうしてインスタに流して平気だと思ってるのが馬鹿すぎる。

そもそも、このミスユニバースはタイで行われたみたいだけど、彼らはタイ語とか、他の言語は話せるの?

なんなら、今世界で一番話されている言語は英語じゃなくて、中国語なのだけど、この人たちは、中国語は話せるの?

ミスユニバースには日本代表も出ているし、今回の発言で揶揄いターゲットになっているのは共にアジアの国。そう考えると、日本にいても怒りを感じるニュースだよね。

少なくとも、今回のミスUSA、ミスコロンビア、ミスオーストラリアの三人は、ミスユニバースにはふさわしくないよなと思った。

というか、そもそもこの「ミス」コンテストもさ、そろそろもういいんじゃないかという説もあるね。