読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

怖くてセクシーでめちゃくちゃ面白い!海外ドラマ『アメリカンホラーストーリー』

アメリカン・ホラー・ストーリー (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

いやー、今一番ハマってる海外ドラマですこれ!2011年にはじまったドラマなんで、今更感もあるんですが、いいのいいの。オススメです〜。

今のところ、第二シーズンまで終わって、第三シーズンを見始めたばかりなのですが、一人でも多くの人とこの「アメリカホラーストーリー」の魅力について語り合いたい!と思って書いてます。

単なるホラーじゃない!アメリカンホラーストーリーの魅力とは?

アメリカンホラーストーリーは『glee/グリー』をつくったコンビ、ライアン・マーフィー及びブラッド・ファルチャックによるテレビドラマ。

と言っても、作風はグリーとは、似ても似つかぬガチホラー!

「ホラー」と言っても、単に暗がりが血みどろの怪物が出てきて驚くとか、そーゆー、バカバカしいホラーではない。怖さには幽霊、犯罪、人間など、いろんな種類の怖さがあるが、アメリカンホラーストーリーはさまざまな種類の怖さを扱っている。

また、「謎解き」の要素があって初めは何が何だかわからないのだが、人々の過去や、場所の歴史が暴かれるについて、徐々に「だからこうなるのか!」ってわかってくる時の快感にはすごいものがある。

あと映像もスタイリッシュでかっこいい!オープニングの動画見てもらえればわかると思うけど、怖いなかにもゴシックっぽい美しさがあって、見てて飽きません!

アメリカンホラーストーリー シーズン1『呪いの館』あらすじ

【あらすじ】 精神科医のベン(ディラン・マクダーモット)は妻のビビアン(コニー・ブリットン)と娘バイオレット(タイッサ・ファーミガ)と共にボストンからLAへと引っ越してきた。妻ビビアンの流産後、自分の生徒としていた浮気がバレるなど、崩壊寸前だって家庭を立て直すためだ。古い屋敷を破格で手に入れ、さっそく家でセラピーセッションを始めたベン。「親しい周りの人を殺したくなる」というファンタジーにとりつかれた高校生のテイト(エヴァン・ピーターズ)を治療しはじめる。転校先の学校で馴染めない娘バイオレットと親密になるテイトを警戒するベンだが、バイオレットはテイトに心を許し、両親の秘密を話してしまう。ビビアンも冷淡なまま、ベンとの親密な関係を拒み続ける。家族とうまくいかないベンのイライラが高まるなか、屋敷には奇妙な訪問者が次々現れはじめる。彼らは、皆、かつて屋敷に住み、そこで悲劇的な最期を遂げた幽霊たちだったのだ!幽霊たちと戦いながら、家族を守ろうとするベンだが、そんな彼の前にかつての不倫相手から「妊娠した」と連絡が入る。ベンは家族を守れるのだろうか?

これは、いわゆる「幽霊屋敷」譚なのだが、手当たり次第に幽霊を出して怖がらせようとする作品ではない。不気味な隣人たちの過去や、幽霊の現れる理由などを徐々に解き明かされていくのが面白いです。

犯罪マニアはたまらない!

あくまでフィクションであるアメリカン・ホラー・ストーリーですが、この屋敷は、ロサンゼルスに実在し、また高校生による乱射事件や、ブラック・ダリア事件などが現れるので、ロサンゼルスに住んでいる人や、未解決事件が好きな人は、現実とフィクションの錯綜する感じに酔いしれること間違いなし!

ブラック・ダリア事件は、現在でも未解決の殺人事件で、この事件を映画化した作品には『Lの世界』のミア・カーシュナーが主演していました。

犯罪についての報道だけを見ていると、ついつい、そこには血の通った人間である被害者がいて、加害者も人間で、家族がいて……という当たり前のことを忘れそうになります。でも、フィクションという形で犯罪を再現して、そこらへんの人間ドラマを見せることで、実際の犯罪にも、そーゆーたくさんの「リアルな慄き」や「リアルな無念さ」があったんだよなぁーと思いました。

フィクションでは人がほいほい死ぬので、逆に人の命が軽く思えてしまうという意見もありそうですが。わたしは乱射事件の被害者たちは本当に、何が何だかわかんなかったんだろうなーとか、めちゃくちゃ怖かっただろうなーとか、ニュース見るより感じましたね。

運命と戦う女がかっこいい!

この第一シーズンでわたしが一番好きだったのは、妻役のビビアンです。ま、役柄的に、一番「まとも」な人なので、共感もしやすいというか。夫の不貞、不安定な十代の娘、そして、幽霊たちに悩まされながらも幸せな家庭を取り戻そうとあがく彼女の戦いは、画面の前で思い切り応援してました。

このシーズンって、ネタバレを、言うと、皆「負ける」んですが、すごいのは、それである意味ハッピーエンドっぽくなってるとこですね。

わたしは、個人的に、こうやって死者の世界と生きている人の世界の境界を越えることができるっていうアイデアが好きなので、気に入りました。

あ、でも、さらに気に入ったのが、第二シーズン『アサイラム 精神病棟』です!第二シーズン観て、アメリカンホラーストーリー愛が最高に高まりました!レズビアン的な見せ場もたっぷりあるし。

というわけで、次回は第二シーズンの魅力について、書きますね〜!

どのシーズンから観出してもOK!←これも新しいよね。