#あたシモ

虹の向こう側

「日本ってアメリカの一部?自分達の政府あるの?」と聞かれた話

「日本って、アメリカの傘の下にあるんでしょ?」

 

ウーバーの中で、パキスタン人の彼は当然そう言った。わたしは何を言われているのかわからず聞き返した。何の話?

 

「傘の下(under the umbrella)?」

 

「つまり、日本って、自分自身の政府を持ってるの?」

 

びっくりして、一瞬頭が空っぽになった。

 

「もちろん……もちろん、持ってるよ!」

 

彼は振り向いた。ちょっと語気が荒くなったわたしを気づかうように、数秒間見つめ、早口でつけたした。

 

「いや、あの、なんでそう言ったかって言うと……、アメリカ軍が、日本にいて、日本を守ってるって聞いたからなんだ」

 

「ああ……」

 

わたしはちょっとうんざりしながら答えた。

 

「確かに日本には基地があって、アメリカ軍がいるけど、アメリカ軍は、日本以外にも、たくさんの国に基地を置いてるんだよ。日本とアメリカが、友好関係にあって、基地があるからと言って、自国の政府がないわけじゃないよ」

 

彼は「そうか」と言って、またしばらく考えていた。

 

「日本の隣の国はどこなの?」

 

「日本は、島国だから、どことも国境は共有してないよ」

 

 

わたしはイライラした感じが声に出ないように、口角を上げてみた。ちょっと冷たかったかもしれないので、つけたした。

 

「まぁ、でも、近くに韓国とか、中国があるよ」

 

彼は、ふぅーん、と言ってしばらく黙っていた。

 

わたしは気まずい沈黙を味わいながら、「でも、一体わたしがパキスタンについて何を知っているだろう?」と考えていた。

 

わたしの頭に浮かんだのは「印パ危機」だとか、パキスタンの核開発ってどーなってんの?と言う話。あとは、ビリヤニ美味しいよね!って話。あとは……インド人の同僚と働いてるよ!みたいな話。←ものすごく「間違っている」

 

なんだ、わたしも、パキスタンのことあんま知りないし、平気で「インド人」の話とかしようとしてる。ヤバいじゃん。

 

「僕の経験から言うとね…」

 

パキスタンから来た彼は果敢にも、再び口を開いた。

 

「僕の過去に会った日本人は、みんなちゃんとしてて、お金持ちな気がする」

 

いやいやいや。わたしとか、めちゃくちゃ庶民…ってゆーか、サンフランシスコでは貧困ゾーンですよ………。そう思いながら、肩をすくめると、彼はまた慌てたように「あくまで!僕の経験だよ!」とつけ加えた。

 

「んん……」

 

わたしはもう、どうやって会話を続けるべきかわからなくなり、生返事をして、スマホを見つめ続けた。

 

早いとこ、目的地に着いて!と願いながら。

 

でも、わたしも下手したら同じなのだ。

 

知らない国については、何も知らないのだ。

 

いや、違う。

 

ちょっとは知ってるかもしれない。で、ちょっとしか知らないのに、それで「この国の人はこんな感じ」と決めつけてしまっている……そういう場面が必ずあるんだ。