#あたシモ

虹の向こう側

2015年OUTFEST(ロスのLGBT映画祭)ガールズ短編集のラインアップはこんな感じだった!

毎年のように観ているガールズ短編集、今年はこんな感じだったよ〜。

『女優(Actresses)』 Directed By: Jeremy Hersh USA, 2015, 12 min http://www.actressestheshort.com/

あらすじ:23歳の新人女優サラは、憧れのオフ・ブロードウェイのスター、ダニエルの「出待ち」をしていたことをきっかけに、恋仲になる。自らの演技についてで頭がいっぱいのサラは何を言われても素直に受け取ることができない。

感想:割りと面白かった。アーティスト系の子でこういう子いるよね!自分のことで頭がいっぱいで、付き合いが長いのに、こちらのことを全然聞いてこないというの。最後はハッピーエンドぽい感じだったけど、わたしはビターなまま終わってもよかったと思う。

評価:★★★★☆


『ピエロサービス(Clown Service)』 Directed By: Tig Notaro USA, 2014, 14 min

あらすじ:別れの後の憂鬱に苦しむ主人公は、「レンタルピエロ」サービスを依頼することに。ピエロ役の中年男は、珍しい依頼に戸惑うが……。

感想:「レズビアン界のトム・クルーズ」との異名を持つコメディアン、ティグ・ノタロの作品ということで期待していたのだが、意外と普通だった!「レズビアンもの」というより、一人のコメディアンの哀愁という感じ。ゲイネスがここまで背景に下がった作品がOUTFESTが出てくることを興味深く感じた。

評価:★★★☆☆

↑ティグが登場する『インサイド・エイミー・シューマー』のエピソード。3:00から登場するティグをチェキ‼︎


『睡眠覚醒(Sleep Awake)』 Directed By: Nora Meek USA, 2015, 4 min http://sleepawakefilm.tumblr.com/

あらすじ:別れの後、苦しむ二人。ダイナミックな音楽に合わせて二人が再びつながるまでを描いている。

感想:心と体が引き裂かれて違うことをしてしまう感覚がよく現れていた……んだけど、やっぱり学生映画っぽさがあったかも。

評価:★★☆☆☆


『シャーロット(Charlotte)』 Directed By: Angel Kristi Williams USA, 2015, 11 min

あらすじ:母を待つ間に預けられた家で、人気者の女の子と過ごすうち、アレックスは、彼女への思いが、友情を超えたものであることに気づく。

感想:監督の実体験を基にしたというだけあり、レズビアンの多くが経験してことがあるであろう ハウスごっこが違うように解釈 ストーリー的には薄いんだけど、髪を結う二人の少女の間の濃密な空気感に萌えた!後少女の表情の感じもよかった。


『初回セッション(The First Session )』 Directed By: Ryan Logan USA, 2015, 7 min

あらすじ:デートサイトで知り合った相手と初めて会うのに、セラピストのオフィスを選んだ二人。

感想:パキスタン系の脚本家が主演も務めている。面白さはあるんだけど、少しワザとらしく見えてしまった。

評価:★★★☆☆


『スペアパーツ(Spare Parts )』 Directed By: Yasmin Almanaseer USA, 2015, 7 min

あらすじ:黒人と白人のカップル。ディルドを使うのに興味津々な二人だが、隠していたものが母親に見つかってしまい……?

感想:これも可愛いんだけど……って感じだった。異人種カップルなのはよかった!グィネビアターナーがリベラルでヒッピーぽい母親役で出ている!

評価:★★☆☆☆


Ma/ddy Directed By: Devon Kirkpatrick USA, 2014, 12 min

あらすじ:妻を亡くした喪失感に苦しむジェンダークィアの主人公。友人の勧めで犬を飼い、そして、子どもを作るために用意していた受精卵を自らの胎内に宿し、家族を作ることを決意する。

感想:今回の短編集で一番よかったのがコレ。フェムのキャラクターが多い中で、ブッチのキャラクターが主演というのもいいし、ハワイが舞台なのか亡くなった妻役や新たな恋の予感がアジア系なのも応援したい。何より、元カノの存在感の描写や、喪失感に苦しむ主人公の演技が素晴らしかった。また、ブッチのキャラクターが妊娠!という意外性や希望が生まれるところも、爽やかでよかった〜! 友人役のクレア・デュバルもいい味出してる!

評価:★★★★★


『パーカー一族(The Parker Tribe)』 Directed By: Jane Baker USA, 2015, 25 min

あらすじ:70年代のフィラデルフィア。13才のジョーは、変わり者ばかりの家族の中でも特に変わっているんだろうか?と思い悩み、家出を夢見る。

感想:そもそも監督の回想録をもとにした自伝的作品とのことで、悪くなかったんだけど、やや散漫な印象。ジョー役の子のあどけなさがよかった。

評価:★★☆☆☆

今後各地の映画祭で観られる人は参考にしてね!しかし『TSUYAKO』を超える傑作短編はなかなか出てこないなぁ。

【関連記事】百合系、ビアン系、ゲイ系の映画を探してる方はこちらも読んでみて↓