読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

正直何かが足りなかったティム・バートン映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』結構前に観たんですが感想書いてなかったので、書いておきます!

あらすじ

フロリダ州に住むエイブ・ポートマン(テレンス・スタンプ)は、子供の頃にはモンスターと戦い、第二次世界大戦の間中ウェールズにある「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」が暮らす家で過ごしていたことを、孫のジェイク(エイサ・バターフィールド)に何年間も話し続けていた。その家の女主人であるアルマ・ペルグリン(エヴァ・グリーン)は「奇妙なこどもたち」を養っていたが、こどもたちはそれぞれが不思議な能力を持っていたという。

その後、16歳となったジェイクは、祖父のエイブから電話を受け、バイト先の薬局の管理者であるシェリー(オーラン・ジョーンズ)とともに祖父の家に向かうが、そこで両目を失い、死にかけている状態のエイブを発見する。

エイブは死に際に「ケインホルム島へ行き、1943年9月3日のループへ行け。そうすれば鳥が全てを教えてくれる」とジェイクに言い残し、絶命する。

シェリーが銃を持ってジェイクに加わると、祖父の話に出てきたモンスターが彼女の後ろに出現する。ジェイクはシェリーに対して後ろを撃つように伝えるが、彼女にはそのモンスターは見えず、そのままモンスターは消えてしまう。

精神科医のゴラン(アリソン・ジャニー)からの後押しや、ミス・ペレグリンからエイブの誕生日に送られた手紙の発見で、ジェイクと彼の父であるフランク(クリス・オダウド)はケインホルム島へ向かうことにする。しかし2人は、こどもたちの家が1943年9月3日にドイツ空軍の空襲を受けて破壊されていたことを知る。ジェイクは失望して父親とともに泊まっていたパブに戻るが、翌日もう1度行ってみると、森の奥に古めかしい屋敷を発見し、「奇妙なこどもたち」に迎えられる。

彼らは洞窟をくぐり、1943年の世界へとジェイクを導き、そこでは、こどもたちの家はそのままに残っているのだった。ミス・ペレグリンはジェイクを迎え、彼女自身鳥に変身することの出来る「インブリン」であり、また時間を操る能力を持つことを明かす。

特殊能力を持つことにより処刑されることを防ぐために、ミス・ペレグリンとこどもたちは、彼女の作り出したタイムループのなかに逃げ込んでいた。そこは、特殊能力を持つ人のみがアクセスでき、永遠に1943年9月3日が繰り返させているのだった。

ジェイクは、こどもたちの一人で空気よりも軽いエマ・ブルーム(エラ・パーネル)に出会い、惹かれるようになる。

このタイムリープに入ることの出来たジェイクも特殊能力を持つはずだと言われながらも、それを信じられないジェイク。エマと冒険をするなかで、自らの能力は、通常人の目には見えないモンスター「ホローガスト(ホローズ)」を見ることができるものだと知る。

ホローガストは、かつて特殊能力を持ちながらも、永遠の命を手に入れようとして失敗し、モンスターになってしまったのだった。特殊能力を持つこどもの目を食べることで人間の姿を取り戻すことのできるホローガストに狙われるこどもたちを守るため、ミス・ペレグリンは自ら囚われの身になる。

ジェイクは、特殊能力を持つこどもたちと共に、ホローズを倒すことを決意する。

感想

絵が美しい。 ミス・ペレグリンかっこいい。 エマ、可愛い。

それにつきます。ミス・ペレグリンのハロウィンコスチュームとかやりたいな!

エアを演じたエラ・パーネルは、ちょっとファニーフェイスなのですが、そこがたまらない魅力です。この子は今後が楽しみですねー!

メインストリームになったティム・バートン

なんだろう。この映画すっごい楽しみにしてたのですが、正直、イマイチ。

何かが物足りなかったんですよね。

絵はすごく美しかったし、ストーリーも素敵だったのだけど、結局最後はハリウッドっぽいアクションどたんばたんで、しかも、最後こういう感じの結末にしちゃうんだ!って。よかったことはよかったんだけど、何か物悲しさを覚えたのです。夢のように美しく始まった物語が、突然ご都合主義で終わってしまった気がして!

『アリス・イン・ワンダーランド』あたりからうすうす感じていたのですが、ティム・バートンって、メインストリームになってから、いまいちな気がするんですよね。ものすごく圧倒的なCGで絵を作りながらも、それらの圧倒的なリソースがうまいこと物語りと絡んでいない気がするというか……。なんなんでしょうね?キャラをもっと深掘りしてほしいのかな?ストーリーが単純なのかな?もう一声欲しいところでした。

というか、日本公開前に感想書きたかったのに、もたもたしてたので、遅れてしまった(汗)

こういうダークファンタジーの世界では、わたしはダントツで『パンズ・ラビリンス』が好きです。名作中の名作。ってあれももう10年前の映画なんですねー(遠い目)

評価

  • 耽美度 ★★★★★
  • フリーク度 ★★★★
  • 思春期ラブストーリー度 ★★★★

潮文庫 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち<上>

潮文庫 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち<上>

潮文庫 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち<下>

潮文庫 ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち<下>

パンズ・ラビリンス [Blu-ray]

パンズ・ラビリンス [Blu-ray]