読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

LINE@を始めたよ!! お気軽に登録しちゃって〜♥

独自ドメイン登録と同時に、LINE@を始めてみましたよ。

ここからお友だち登録してね↓

Add Friend

こんな感じです。

結構前から、好きなブロガーさんがやってるのを見て、わたしもやってみたかったのだけれど、よくわかんなかったんだよね。

特にテーマとかはないのだけど、主には記事の更新情報になるかなぁ〜って感じです。ウザいほどメッセージを送りつけたりはしないので、ご安心w「更新情報は追いたいけど、ツイッターはウザすぎる(#^ω^)」という人は、LINE@に切り替えるのもありかもよ?

もしかしたら、LINE@でイベントの告知だとかオフ会の呼びかけとかをする……かもしれません。将来ね。

トークとかもできるようなので、LINEやってる方は、ぜひ、お気軽に声かけてくださいね!

Add Friend

閑話休題。

しばらく前になるのだけど、わたしの「好きなブロガー」さんのLINE@の登録ボタンを押した時、わたしはそれなりにどきどきワクワクしていた。別に、その人と個人的なやりとりをしたかったわけじゃない。いや、むしろそういうのは苦手だ。だからTwitterとかでもメンション送ったりはできなかった。ブクマするのが精一杯で。

誰かのブログを好きになる時、それは、不思議な感じだ。恋愛感情とも違う。相手のジェンダーも、顔も性格も関係なく、ただ、その人の言葉の織りなすリズムに引き込まれて、好きになる。もっともっと読みたくて、もっともっと書いてほしくて。なんでもいいから。

その人からLINEというかなり親密さを持ったメディアでどんな言葉が送られてくるんだろう?って不思議な気持ちだった。

LINEってさ、ブログともツイッターを読むのとも違う、不思議な親密さがある気がしたんだよね。今では、皆ビジネスとかお店とかどんどん登録して変わってきているのかもしれないけど。その時、わたしはそう思ってた。だって、友達じゃない顔も知らないブロガーのLINE@を登録するなんて、初めてのことだったから。

その人を登録した時の自動返信メッセージには「キーワードに反応して返事します」とあった。だからとりあえずいろんな言葉を使って話しかけてみた。

……。返事はなかった。

どうなってるんだろ。

その時、まだLINE@の「中の人」になったことがなかったわたしは、軽く失望した。

まあ、そうだよね。

それから、その人が自動返信じゃなくて、個別返信もしていることをあることから知った。

個別返信してるんだ。

わたしはもう一度だけ送った。短くて簡潔な応援メッセージ。

でも……返事はなかった。

なるほど。

それがLINE@というものか。

まあね、はじめから更新情報とか一斉メッセージだけ読めればいいと思ってたし、別に個別のやりとりしたいわけじゃなかったからね。

それから、何か心が折れてしまって、その人の友達登録は残してあるけど、メッセージはもう送ってない。

Twitterでもさ、メンションにすべて返事できるわけはないし、時には「無視」っぽくなってしまう時がある。でも別にその人には悪気はないんだよね。きっと。でも、こういうことは、わからない。そのサービスをいろいろと、使ってみないとわからない。だから、わたしは使ってみようと思った。LINE@を、やる側になってみようじゃん、って。

誰が友達登録してくれるかわかんないし、もしかしたら、一人も登録してくれないかも。してくれても、別にメッセージなんてこないのかも。迷惑メッセージとか来たらどうしよう。でも、そうしたら、自動返信に切り替えることだってできるし、ブロックだってできる。というか、考えていても、始まらない。やってみないと。やって、感覚を掴まないと。

そんな、大げさなもんじゃないとは思うんだけどね。

そして、LINE@をやるブロガー側の気持ちがわかったら、わたしはもう一度その人に話しかけてみようと思っているんです。

Add Friend