#あたシモ

虹の向こう側

女がネットで知り合った見知らぬ男に1.6億円送金した理由と、ドレスが「白と金色」にしか見えない理由

あなたは、まだ会ったこともない相手のために1億円以上の資金を送ることができるだろうか?

f:id:calibaby:20150228083729p:plain

サラは、二度の離婚歴があるが、まだ真実の愛がどこかに存在すると信じてデートサイトに登録した。そこで、出会ったのが、とてもハンサムな「クリス・オルセン」と名乗る男だ。彼はイタリアのミラノ出身で、18年前にアメリカに引っ越してきたという。二人は意気投合し、毎日のように電話で何時間も会話を楽しい、愛を語り合うようになった。クリスはロマンティックで、甘い言葉をささやいてくれる。「早く一緒になりたいね」と語り合う二人だが、この十七ヶ月間の間、実際に会ったことは一度もない。

サラによれば、今クリスは南アフリカに閉じ込められている状況だ。南アフリカに出張に行った際、政府とのトラブルに巻きこまれたのだ。さらに、クレジットカードの盗難、テレフォンカードの購入、ホテル代の支払い、弁護士代、子守代……サラは、求められるままに、何千回も送金をした。しかしそのお金も盗まれてしまう!そして、「マネーロンダリング」といういわれのない罪でとうとう投獄されてしまったクリスのために、サラはアパートメントを売却。保釈金として請求された5000万円以上もの資金を送金した。クリスは、「自分が無事家に戻ることができたらこれらのお金は全て返す」と言っている。初めはイタリア訛りで話していたように聞こえるクリスだが、今ではまったく違う話し方でまるで別人のようだという。「多分、アフリカの話し方に馴染んだのかしら?」とサラは考えている。

サラ以外の人にとっては「絶対騙されてるでしょ!」としか思えないような状況なのだが、サラは95%の確率でクリスは真実を述べていると信じている。それでもやはり5%の疑いはあるようで、彼女は全米で人気のテレビ番組に出演することを望んだ……。

実はサラのようなストーリーは(その金額の巨大さを除けば!)珍しいものではない。アメリカには「オンラインデートの相手が会ってくれない」という悩みを解決するためのリアリティテレビ番組(Catfish: The TV Show (Series) | Season 3, Season 2 Episodes | MTV)が存在するくらいだ。(オンライン上で相手を騙して交際を続ける人は、スラングでcatfish(なまず)と呼ばれる)

catfishについては、以前もツイッターでつぶやいたことがある。

サラという女性にしろ、catfishに出演する人々にしろ、古式専務にしろ……。

こうして都合のよい「大恋愛ストーリー」をすっかり信じこむ人のことを、わたしたちは笑えない。

わたしたちは、皆、世界を自分に気に入るやり方で解釈しながら生きている。そういう意味では、多かれ少なかれ、わたしたちは皆サラなのだ。今なら、よくわかるだろう。「あのドレスの色は白と金だ」とか「いや、いや、絶対青と黒だ」とか……。現実がどうであれ、一度思い込んでしまうと、そこから抜け出ることは本当に難しい。