#あたシモ

虹の向こう側

『殺人者への道』事件を扱った新しいドキュメンタリーが登場するよ!

Steven Avery: A Biography

「事実は小説より奇なり」を地で行くドキュメンタリー『殺人者への道』、現在Netflixでの第2シーズンの制作が決まっておりますが、しかし、別の制作者グループが、今度は「また違う角度から同じ事件を扱った」ドキュメンタリー『Convicting a murderer(殺人者に有罪宣告をする)』を製作中だそうです。まだ公開日も決まっていないシーズン2が待ちきれない人には朗報かも?

deadline.com

『殺人者への道』の原題が『Making a murderer(殺人者を作る)』であることからもわかるようにこのタイトルは、モロ『殺人者への道』を意識していながらも「スティーブンよりすぎる」という批判のあった『殺人者への道』に対し、こちらは、警察や検察者サイドの意見をより反映した「より幅広い*1」内容になっているようです。

Netflixドキュメンタリー『殺人者への道』の受刑者に釈放命令が下される!(2016年11月16日) - エキサイトニュース(1/2)

まだ配信プラットフォームなどは決まっていませんが、2019年秋くらいの公開を目指しているとのこと。

警察による暴力や、権力の乱用などが全米で問題になっている今、この事件からまだまだ目が離せません。

あと、個人的には、O.J.シンプソンの事件と比較すると、「司法」すらも経済格差によって享受できるレベルが違うアメリカほんとヤバイな!ってつくづく感じます。

小ネタ

ちょっと関係ないネタですが、実は、スティーブン・エイブリーと、O.J.シンプソンって同じ誕生日なんですよ……。もっというとアマンダ・ノックスもです……。

単なる犯罪者ということでは、元彼を殺しながらも法廷で大変貌して誤魔化そうとしたジョディ・アリアスや、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のモデルとなった詐欺師のジョーダン・ベルフォードも同じ誕生日なのですが……世間の耳目を集めた冤罪疑惑の主人公3人が皆同じ誕生日なのには、何か不思議なめぐり合わせを感じざるを得ません。

www.atashimo.com

www.atashimo.com

www.atashimo.com

*1:broader perspective