#あたシモ

虹の向こう側

Facebook、有給の育児休暇を全世界のLGBT従業員に認める

photo by Robert Scoble

Facebookの新しい人事ポリシー

Facebookは、来年より父親と同性パートナーに4ヶ月間の育児休暇を認めることを発表しました。この新しい人事ポリシーは、アメリカだけでなく、全世界のFacebook社員に適用されます(参考記事)。

生まれたばかりの子どもと沢山の時間を過ごしたい働く親にとっては、かなり嬉しいポリシーなのではないでしょうか。そして、その休暇をとるのが「母親」だけでなく、「父親」にも認められ、そして同性パートナーにも認められるのもよいですね!

マーク・ザッカーバーグと妻のプリシラは2016年1月に第一子を出産予定であり、マーク・ザッカーバーグは年初から2ヶ月間の育児休暇を取ると公表しています。

強力なアーライ

FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグは、今年OUT Standingによって、アーライのエクゼクティブ1位に選ばれました。

実名ポリシーをめぐって、ドラァグクィーンのアカウントを次々停止するなど「?」な行動もあったFacebookですがこれまでも、世界各国のプライドマーチに従業員が参加したり、全世界で実に2600万人に利用されたレインボー色のフィルターを提供したり、またトランスジェンダーを始めとするアイデンティティーを表すために、50を超える性自認のアイコンを用意し、さらに自由記述欄を設けるするなどの努力を重ねてきました。

www.ishiyuri.com

www.ishiyuri.com

www.ishiyuri.com