#あたシモ

虹の向こう側

女同士だから気持ちがわかりあえる……なんてことはないよね

photo by 小智的天空(JR Chang)

よく同性愛のよさ、みたいな話のなかで「同性同士なので、気持ちが分かり合える」っていうのを耳にしますが、現実にはそんなこと、全然ありません。

もちろん、異性より同性同士の方が身体のつくりをはじめ、「似ている」部分が多いのは事実だと思います。でも、性格とかは性差より、個性の違いの方が全然大きいですからね。分かりあえるかというと、それはまた別の話。

そもそも、仮に性格が似てるとしても、「似たもの同士だったら分かり合える」というのも幻想だと思います。それどころか、なまじ似たところが多いと「意見も似てるはず」「自分の意見を分かってもらえるはず」みたいな期待値だけが高まってしまい、逆にすれ違いや意見の不一致が起こった時に、よけいこじれたりしがちなのではないかな?とすら思っています。

それこそ、宇宙人とか、別の種とか、全然似たところのない同士の方が、逆に相手のことを尊重してコミュニケーション取れるんではないかなーと思ったり。わたしは結構非言語コミュニケーションが苦手なので(いわゆる「空気を読むのが苦手」なタイプ)、はじめっから「わたしたちはお互い全然違う世界から来ている」っていう前提を共有したうえで、知り合っていく方が楽です。それにそっちの方がワクワクするし!

ま、結果的には仲良くなる人とは、どこか「似た文化」のなかで育ってきてるなーと思うんですけどね。例えば、わたしの場合だったら、読書好きとか、フェミニスト的考えをもっているとか……。

でも、同性だからというだけの理由で、異性より分かり合えるとか、そういうのは全然ないです。

あ、おまけ。

「女同士だから気持ちよいところがわかる」というのもわたしは微妙……というかかなり眉唾ものだと思っていますw 上手い下手というのはやはり厳然とありまして、もともと下手な人が、同性相手だからといって劇的にうまくなるなんてことはありません。あっ、でも、もともと同性が好きな人が、大して乗り気でないのに異性とつきあっていて「苦手」と思っていたところ、同性を好きになったらハマって「気持ちよい!女同士だと最高!」っていうパターンはあるかと思いますw 

でもそれも結局は、自分が女が好きだから、主観的に興奮度があがってめちゃくちゃ気持ちいいってことなんではないかと思っています。やっぱセクシュアリティ的に「合った」相手とするのが一番よいですよね。

女子の人間関係

女子の人間関係

女同士のSEXマニュアル

↑何じゃこりゃw 読んでみたい!