#あたシモ

虹の向こう側

人種と階級を超えた友情を描いた映画『Green Book』が意外にもよかった!

f:id:calibaby:20181210111142j:plain

映画『Green Book』評判よいだけでなく面白かったので紹介します!

『Green Book』のあらすじ

1962年のニューヨーク、ナイトクラブで用心棒をしていたイタリア系移民のトニーは、クラブが改装するまでの数ヶ月間、パートタイムの仕事として、世界的に有名なピアニストであるドクタードン・シャーリーのツアーに同行するという仕事を引き受ける。

ジム・クロウ法によるセグリゲーションが行われていた当時のアメリカ、特に南部を旅することは、黒人であるドン・シャーリーにとっては危険の伴うことだった。南部を車で黒人のために作られた旅行ガイド「The Negro Motorist Green Book」を手に、ツアーに旅立つ2人。用心棒としての経験を活かして、様々なトラブルを切り抜けていくなかで、ドンとトニーの間には奇妙な友情が生まれていく。

『Green Book』の感想(以下ネタバレ含みますので注意!)

面白かったです!

『ボヘミアン・ラプソディー』を観るつもりで映画館に行きましたが、時間が合わずにこちらを観たのですが、結果大正解でした。『ムーンライト』『ドリーム』にも出ていたマハーシャラ・アリが、またいい味出してます!この役者さん大好き。

また、レイシストの白人役トニーを演じるヴィゴ・モーテンセンも、よい感じ。粗野でマッチョなんだけど、憎めないんだよね。

ハートウォーミングなストーリーを通じて、人種や階級差別などが、自然と考えさせられるような作りになっています。また、クリスマス直前のニューヨークが舞台になっているので、クリスマスの雰囲気を感じたい!という人にもぴったり。今クリスマスムービーがたくさん出ていて、わたしはこの前『グリンチ』も観たのですが感想書く気にもならないほどしょぼかったので(汗)、この映画見てよかったです!

60年代アメリカの人種差別の状況は?

やはり衝撃的なのは、理不尽としか言いようのない人種差別ですね。

また、トニーの家族や仲間たちは、冒頭から黒人のことを「eggplant」と呼んで馬鹿にしたり、トニー自身も、黒人の作業員が使ったコップをつまみ上げて捨てるなど、かなりレレイシストな奴として描かれています。家族や仲間思いで「いいヤツ」なのですが、当時の空気感の中に「自然と」組み込まれていた差別の様子が見て取れます。

また、南部に行けば「なーんもしてないやんけ!」なのに、拒否されて、いちゃもんつけられて、殴られて、みたいな。そういう不利益がバンバン待っています。ドン・シャーリーだけでなく、当時アメリカに暮らしていた黒人たちは、こういう理不尽な枋寮を被る危険性をいつも感じていたわけです。だからこそ、既に成功を収めていたドンはあえて南部でのツアーをしたんだなと、彼の考えが徐々に見えてきます。

というか、実はこういう状況というのは60代年代のものではなくて、「今、現在も」残っているのかなと思ったりします。それはこの前観た『The hate U give』を観ても感じたことです。

ゲイ?

人種問題と比べると、はっきりと明記されてはいませんが、この映画ではダン・シャーリーの巻き込まれるトラブルの一つに、彼が男性と性的関係を持っていたからではないかとサジェストする場面があります。

実際には、深く突っ込まれるシーンはなく、実生活でもドン・シャーリーがカムアウトしたという事実はないようですが、ゲイだったのではないかと言われています。←こういう「カムアウトしてないけどバレてる」状態っていうのは、故人としてはどうなんだろうね。アウティングにあたるのでしょうか?

また興味深いのは、この事件に対するトニーの反応です。冒頭ではレイシスト仕草がバキバキに描かれていましたが、このシーンではトニーは特にホモフォビックな反応は見せず、また、翌日改めて「昨日は悪かった」と謝罪を受けると、トニーは笑って言うのです「ナイトクラブで働いてたから、この世にはいろいろあるってことはわかるよ」と。

「黒人っぽさが足りず、白人っぽさも足りない。私は誰なんだ?」

この映画の面白いところは、「白人vs黒人」という図式だけではなく、文化や階級といった格差もまた描かれていることです。

ジャマイカ系の黒人であるドン・シャーリーは、南部では肌の色が原因でレストランでの食事を断られたり、理由もなく逮捕されたりといった差別を受けるものの、裕福な家庭で育ち、クラシック音楽を学び、複数の外国語を操り、複数の学位を持ち、高いインテリジェンスを持つ人物。また政府の高官とつながっているなど人脈も持っています。

それに対し、トニーは、白人ではあるものの、イタリア系移民として同じ白人からは見下され、代々ブロンクスの貧困地区で育っています。「金持ちのお前より俺の人生のほうがもっと『ブラック』だよ」と言い張るトニー。それを聞いたドンは

I’m not black enough, and I’m not white enough. What am I?

と涙します。

黒人訛りがなく、また(アメリカで黒人の好きな食べ物であるというステロタイプがある)フライドチキンを食べたこともないようなドンは、「黒人専用」のホテルやバーに行っても、そこでのブラックコミュニティーに馴染むことはできず、浮いてしまったり、下手をすれば「金持ちっぽい」っということで狙われたりする疎外感を覚えたいたのです。

また、貧乏なりに、助けてくれる仲間や家族がいるトニーに対し、経済的も社会的にも成功しているはずのダンは、結婚生活も破綻し、家族と音信不通であることがわかります。

文章が下手なトニーが妻に手紙を書くことを助けたダンは「次は自分が弟に手紙を書いたらどうなんだ?」と言われますが、「連絡したければ向こうから来るだろう」としています

一体どちらが恵まれていて、どちらが辛い生活を送っているのか?というかそれは一概に比べることができるのか?いろいろなことを考えされられました。

どの程度実話なのか?映画に対する批判とは?

この映画は実話に基づいており、ドン・シャーリーも、トニーも実在の人物です。

↑実際のドン・シャーリー・トリオの演奏。

↑オルフェウスのアレ。オーフェン(孤児)じゃないよw

映画の最後では実際のドンとトニーの写真が映し出され、2人の友情はツアーのあとも続き、2013年に2人が亡くなるまで続いたということが示されます。

トニーの息子ニックがこの映画の制作に関わっており(トニーが愛すべきキャラクターとして描かれているのはある意味当然かもしれません)、映画は「基本的には事実に基づいている」とニックは主張しています。

しかし、制作陣は、ドン側の家族には協力を仰がなかったようです。ドン・シャーリーの弟(映画の中では存在がドンの口から語られるのみとなっております)は、「映画は嘘ばっかりである」として、映画を観ることを拒絶しているそうです。

また「黒人の話なのに、また白人の経験が中心にならなきゃいけないのか」「すごいレイシストが、ちょっとましになるだけの話」などの批判もされています。

ですが、全体的には好評を持って迎えられており、トロント国際映画祭では観客賞を受賞、アカデミー賞候補になるのではないかという話も出ています。批判するポイントは諸々あるものの、個人的には「観てよかった」と感じた作品でした。

実在した『グリーンブック』

映画のタイトルにもなっている『グリーンブック』は存在しました。1936年から66年まで、毎年自らも黒人である郵便局員のヴィクター・ヒューゴ・グリーンさんが「黒人でも利用できるレストラン、モーテル、ガソリンスタンド」などの情報を集めて出版したもので、当時は、同じ用に差別されていたユダヤ人向けにも同様のガイドブックが出版されていたそうです。

『グリーンブック』のデジタルコピーは以下で読むことができます。

『Green Book』の評価

  • ほっこり度 ★★★★☆
  • クリスマス度 ★★★★☆
  • クィア度 ★★★☆☆

『Green Book』の日本公開は?

映画『Green Book』は2019年3月1日日本公開予定です。

映画『グリーンブック』公式サイト

The Don Shirley Point of View

The Don Shirley Point of View

Water Boy/Gospel According to

Water Boy/Gospel According to