#あたシモ

虹の向こう側

ゴーカートをやったら全身が痛い^^;

Geoff Go-Karting

アメリカでチェーン展開しているインドアゴーカートレーシングのK1 Speedで遊んで来ました。

ゴーカートは前にも何回かやったことがあるのですが、K1 Speedはかなりの本格派で、一度やっただけで、腕がプルプル!汗びっしょり!あーだから、レーシングカーって「スポーツ」なのねーと納得しました。

昔、トヨタグランプリの観戦に行ったことがあり、その時は、応援していたレーサーに対して ひたすら「なんで抜けないんだろ?」とか勝手なことを思っていましたが、やってみたら、全然無理。難しい。そして、結果的には、わたしは「遅い」ことがわかりました。汗。わたしは見た目スポーツ得意そうに見えるみたいですが、実際はダメダメです。すんごい弱いです。なのでほとんどの運動は苦手です。涙。

で、K1 Speedの面白いところは、レースが終わった後、自分のラップごとの速度などの分析を貰えるところです。

1レースは14ラップあるのですが、徐々に速くなっていってるのがわかります。

わたしと彼女は2回でリタイヤしましたが、友達カップルは知らない人とやってましたー。しかも、一位を取っていましあ。元気だね…!

ゴーカートで早くなるコツには、

  • 「コーナーでなるべく無駄のない動きをする」
  • 「スローイン・ファーストアウト」
  • 「タイヤをスピンさせたり、クラッシュするのは失速のもと」
  • 「速い人の後ろにくっついて、どこで減速し、どこで加速し、どういうコースを辿っているかなどを見る」

などがあるそうです。

ロサンゼルスには他にもいろんなタイプのゴーカートレースがあるので、試してみてね!

K1 Speed | K1 Speed Indoor Go Kart Racing - Locations Nationwide