#あたシモ

虹の向こう側

LAのキラキラ系ゲイブロガー/ファッションブロガー/YouTuberが皆スケールしてってるよー

レズビアン友達の誕生日だったので、ロスフェリッツにある公園でピクニックをしてきたよー!久しぶりのゲイ友達や、新しい出会いもあって面白かった★

数年前から知り合いのゲイカップルがいるんだけど、彼ら一年くらい前から、YouTuberとして活動しているのよね。キャッチアップがてらにビジネスになってるのか聞いたら、直接契約なしで、YouTubeからだけで月数百ドル程度売れてるそうだ。彼らの知り合いのYouTuberだと、数千ドル売上の人がごろごろいるみたい。

わたしは顔出しが嫌&編集とかが面倒なので、動画ブロガーになる予定はまずないけど、「ブログ飯」勢はやってみるとよいかもね!英語の方が、広告入ると思うので、英語で日本を紹介したりするのがよさそう。結構「旅行」ってお金になるんだよね。写真や動画という武器を持っていて、PV数があるブロガーなら、日本人観光客を呼びたい地域の観光局に働きかけて「旅行」をスポンサーしてもらうっていうのもよいアイデアだと思う。別のゲイの知り合いのブロガー/インスタグラマーも、観光局にスポンサーしてもらってアフリカとか行っておしゃれな写真とかをポストしたり、ファッションウィークに招待されたりしてる。ちょっと会わないうちにすごいビッグになってて、もうLAから引っ越しちゃってる子もいて驚く。こういう集まりで会うことも少なくなってしまった。

キラキラポストで、まずはInstagramのフォロアーを集めて(←決してTwitterではない)、その後家具屋とかセレクトショップに「スポンサー」された写真をポストする職業というのが、マジで成り立ちつつあるのがすごい。肩書は「ライフスタイル・ブロガー」とかそういう感じ。メディアで「そういうの、あるらしいよ」だけじゃなくて、まじでリアルに、LAのゲイの知り合いで数年前まで鍋食べたりしてたりしてた「写真好きな子」が、どんどん有名になって、何万人もフォロワー出来てってるのを目の当たりにすると、ちょっと呆然とする。英語圏だから成り立ってるのかもしれないけど。日本語圏でもそういうのあるのかなぁ?あるんだろうね!日本語圏だと、わたし観測範囲が偏っていて、キラキラ系を全然フォローしてなくて、「コツコツ物販」以外は「転職サイトへ誘導」とか「炎上でPV稼ぎ」的なのしか見えてないんだけど(汗)

400万人に愛される YouTuberのつくり方

400万人に愛される YouTuberのつくり方

YouTube 成功の実践法則53

YouTube 成功の実践法則53