#あたシモ

虹の向こう側

蛍光色にペイントされた多肉植物に感じるモヤモヤ

以前、アメリカではサボテンや花に色が塗られていることについて書きましたが、またホームセンターで変なのを見つけました。

着色スプレーに接着材!サボテンの売り方が酷すぎた

花束に色を塗ったり、サボテンに接着剤で造花をつけて売る国

今回は、蛍光色の多肉植物です。

全体的に、ペイントされています。

英文の多肉フォーラムを見る限り、「Kosmik Kuktus(コズミックカクタス)」は2013年くらいから市場にあるようです。これを見て写真を投稿するような人は、多肉植物ファンですから、評判は最悪なようですが、なぜ今もこんなものが売られているのか……。やっぱり、売れてて利益が出てるからってコトでしょうね。なんだか切ないです。特にホームデポやウォルマートでの目撃情報が多いので、そういう店では多肉を買わないほうがよさそうです。ちゃんと植物を大事に育てているお店から買いたいものです。

また同様の商売は、Kosmik Kuktusに限ったことではなく、フランス、アジアでもペイントされたサボテンや多肉植物の目撃情報があります。

ペイントなんてしなくても、植物の色ツヤはそのままで十分美しいです。またペイントを塗られた植物は、光合成などが妨げられ、長生きすることは難しいと思います。調子の良し悪しを、葉の色で察することもできません。

「虐待」とか「植物の権利」と言うつもりはないのですが…

わたしは肉を食べますし、植物にわく害虫や、家の中に入り込むアリなどは容赦なく捕まえて殺してしまいます。また植物だって、畑に生えてくる雑草は容赦なく引き抜きます。そういう意味で、わたしは「動物の権利」のような「植物の権利*1」がどうこうというつもりはないのです。

でも、個人的には「着色スプレーなどで装飾し、長生きできないであろう状態の植物を大量に作り出し、お金儲けをする」というビジネスには、「カラーヒヨコ」に対してと同様の倫理的疑問を感じてしまいます。

あなたはどう思いますか?

遺伝子組み換えの「光る熱帯魚」

<参考リンク>

*1:アメリカでは「動物の権利」がかなり真面目に主張されているけど、こういう植物の権利とか植物虐待という話を(ベジタリアンに対する皮肉ではなく)真面目に主張している人はいるのか……?フルータリアンとかの主張がそれに近いのかな?