読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

ミシシッピ州でいよいよ成立!他州にも広がる「宗教の自由」の名を借りた差別

photo by Onasill ~ Bill Badzo

本件の続報です。

yuichikawa.hatenablog.com

ミシシッピ州のフィル・ブライアント(Phil Bryant)知事(共和党)は、火曜日、論議を呼んでいた差別的な法律HB 1523、通称「信教の自由法」に署名。本法律は正式に成立しました。

堂々と差別ができる

この法律によって、公務員、民間企業や宗教団体がLGBTコミュニティーに対して同性婚に関する物品やサービスの提供を拒否することができるようになります。結婚式場、ウェディングサービスの他、里親提供サービス、養子縁組サービスなどは、連邦補助金を受けとっていたとしても、LGBT家族に対してサービスを拒否する権利が認められ、さらに去年同性間の婚姻届を勝手に不受理として裁判沙汰にまでなったキム・デービスのように、役所で婚姻届を受け付ける事務員が受領を拒否するようなことも認められるようになります。また、雇用主が、トランスジェンダーであることを理由に従業員を解雇するようなことを、政府は禁止できなくなります。

このような法律が通ることにより、例えば、「同性婚したのに、そのことによって差別される」という状況がまかり通ることになってしまいます。

同性パートナーと結婚したばかりの従業員が、勤務先に対して配偶者の福利厚生を求めた場合、それが原因で解雇されることがOKとされてしまうのです。せっかく同性婚できるようになっても、これじゃあ意味ないですよね。

大企業の反対と訴訟に巻き込まれたノースカロライナ州と同様、ミシシッピ州も「差別的な州」だと評判が悪くなるのに加え、ビジネス面での不利益や訴訟リスクを抱えることになりそうです。

他州にも広がる「信教の自由」という名の差別

ミシシッピ州同様の「信教の自由法」は、他州でも提案されており、今年は全米の半数以上の州で審議されます。今年はトランスジェンダーのトイレ/ロッカー使用と並んで、「信教の自由」がLGBT差別と平等をめぐって大きな争点となりそうです。

yuichikawa.hatenablog.com

yuichikawa.hatenablog.com

yuichikawa.hatenablog.com

yuichikawa.hatenablog.com

yuichikawa.hatenablog.com

--

皆様からのポチッで頑張れます!

「役に立った!」と思ったら、シェア、応援クリックなどお願いします!

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ←てぃ!