#あたシモ

虹の向こう側

オリンピア旅行記(2) ダウンタウンと、カートコバーンの家

ワシントン州議事堂から約1マイルもしないくらいのところにオリンピアダウンタウンがある。歩いて移動もできるだろうが、オリンピアは路上駐車のスペースもたっぷりあるので、車でも安心だ。

コーヒーショップと、ベトナム料理屋、それに、アンティークショップが目に付いたくらいで、平日のオリンピアダウンタウンは驚くほど静かだ。

Caffe Vitaカプチーノ。美味しい。

他にも興味深いコーヒーショップがたくさんあったが、閉まっていた。むーん。

なぜかベトナム料理屋に入ってしまった。オリンピアは白人が多いイメージだが、驚くほどベトナム料理屋が多い。寿司屋より多い。んー。なぜだ。

わたしの頼んだサイゴンヌードルスープはシンプルな外観ながら、鳥の出汁が効いていて、かなり美味しい。むさぼるように食べてしまった!

パッシーユは、味付けがタイっぽすぎるのか……?ちょっと甘すぎてダメだった。タイアイスティーも妙に水っぽくてまずい。LAのアジア料理のレベルの高さを思い知った。しかし、サイゴンヌードルスープはよかった。

その後、ゲイゲイしいエリアを通って、アルチザンウェル(職人の泉)という謎のスペースへ。

イベントや、大道芸などが許されているスペースだが、何も行われていない平日のアルチザンウェルには、ホームレスらしき人々が多数たむろしていた。

ここから少し行くとカートコバーンが住んでいた家がある。そう!ニルバーナと言えばシアトルかもしれないが、実はカートは、オリンピアで『NEVERMIND』の多くの楽曲を書いたのだ!

Nevermind

別に博物館でもなんでもなく、今も人が住んでいる家のため、観光客として押しかけるのはアレかと思うのだが、興味があるNirvanaファンは以下の記事を読んでみてほしい。

Nirvana Tour Hits Olympia: Inside Kurt Cobain and Tracy Marander’s Former Home

Chasing Kurt Cobain in Washington State