#あたシモ

虹の向こう側

世界一薄い岩⁈サンディエゴのポテトチップ岩に登ったよ!

ちょっと遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!アメリカだと、新年にどんちゃん騒ぎするのが普通なのですが、わたしは静かに自然のなかで星を見たりしながら1年間のことを考えるのが好きなので、よく新年に小旅行に出かけます。

今年は、LAから自動車で約2時間ほど南に位置する、サンディエゴ郊外のパウウェイ(Poway)という街に行きました。ここは、バンドBlink-182の出身地です!

といっても別にパーティーに行くわけでもなし、ホテルでお酒とおつまみを頼みながら、ニューヨークのタイムズスクエアの様子をテレビを見たり、2人で2016年の目標を考えたりしながら、カウントダウンの瞬間を迎えました。

ポテトチップ岩

パウウェイに来たお目当てはズバリ冒頭に載せた「ポテトチップ岩」です!

薄くてまるでポテトチップのように見えることからこう呼ばれています。

 ハイキングスタート!

ポテトチップ岩には、パウウェイ湖のある公園から行きます。

Lake Poway Park, 14644 Lake Poway Rd, Poway, CA 92064

パウウェイ湖では、ボートに乗ったり、魚釣りもできるようです。

この公園にはトレイル(ハイキングコース)はいくつもあるのですが、ポテトチップス岩に行きたい場合、マウント・ウッドソン・トレイルというコースを登ります。ポテトチップ岩は、ウッドソン山の山頂近くにあります。

道は、舗装されておらず、砂利や岩がゴロゴロ転がっているなかを登っていかなければいけないので、割と大変です。途中結構道が狭くなったりもするし!

岩がゴロゴロしています。

巨岩もあるよ。

湖を見下ろす絶景を楽しみながら登れたのでよかったです。ここは、夏来るとものすごく暑いそうなので、冬来て正解でした。それでも日差しが強いので、帽子は必須です。わたしは寒がりなので、しっかり長袖&ジャケット装備で行きましたが、Tシャツと短パンで登っている人も多かったです。あと、トレイルランしてる人や犬連れも多かった。

ポテトチップ岩での撮影は大変

さて、のんびり歩くこと約2時間。お目当てのポテトチップ岩に到着しました。

驚いたのが人の多さ。登ってる時こんなに人いたっけ?それとも山頂までツアーバスが来ている?というくらい中国人ばかりでした。そして彼らはハイカーっぽくない、結構ファッショナブルな格好をして高価なブランド品を身につけているのも特徴。中国語の訛りからしておそらく裕福な大陸からの観光客かな?と思いました。写真を撮らずに引き返すハイカーも多いので、行列に並んでいるのは、観光客が目立ったのかもしれません。もちろん、わたしたちも迷わずイン(笑)

ここでは写真撮影を仕切っている業者もいなければ、ルールもないので、結構一つのグループが時間をかけて撮ったりしてるんですよね。

岩の上で縄跳びする人。

大勢で乗る人。おいやめろww

結局約1時間くらい並んでようやく岩の前までくることができました。

その時事件は起こった!

わたしたちの二組前くらいのカップルの撮影の番になった時でした。 ポテトチップ岩に飛び移らなければいけないんですが、ちょっと岩と岩の間隔があって、怖いんですよね。丸い巨大な岩が二つくっついているのですが、もしうまく飛び移れないと、岩と岩の間に落ちてしまいます。カップルの黒人男性の方はヒョイっと飛び移れたのですが、女性の方がなかなか踏ん切りがつかず男性が手を差し伸べたり、こっちの岩に残っている人たちも、大丈夫?という感じで気にしていました。

その時まで、ずっと岩の横に犬を連れた別の白人カップルがいたのですが、その男が横からいきなりポテトチップス岩に飛び移ってポーズを取り出したのです。そこでわたしの前にいたベトナム系っぽいアジア系のカップルが「そんなことはできないぞ!」と抗議をはじめて、女の子の方が写真を撮ろうとしている白人女性のスマホの前に立ちはだかったり手で撮影を邪魔しようとしだしたんです。巨大岩の上で!←結構危ない。

わたしは鈍いので何が起こってるのかはじめよくわからなったんですが、その二人は行列に並ばずに、いきなりこの岩に登ってきた人らしく、写真の列にいた人たちではなかったんですね。皆一時間くらい並んでやっとここにたどり着いてる訳ですから、そんなことは許さないぞ!ってことですね。わたしたちも、「クールじゃないよ!」と抗議したんですが、割り込みカップルは「写真ばっちり撮れたし」と憎まれ口を叩いて岩を降りて行きました。新年だと言うのに残念な気持ちになりました。

しかし、割り込みを見つけてすぐに抗議してたカップルの行動力には感銘を受けました。

気持ちよく体を動かしながらよい景色も見られたし、よい一年のスタートとなりました。抱負は後で書きますね!