読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

アメリカの就職活動

アメリカの転職活動は、自分で転職サイトに登録して探すこともできるが、リクルーターに仕事を紹介してもらうことが多い。

 

リクルーターは、自分で探してなくても、Linkedinなどから突然コンタクトをしてきたりする。

 

その後、リクルーターと会ったり、FaceTimeやSkypeで話して、どんなキャリアを持ちたいのかなどを話す。

 

よいリクルーターを見つけられるかで結構転職活動の運命が変わる。

 

リクルーターにも、エージェント型と、インハウス型があり、エージェント型は複数の会社のポジションを持っており、就職が決まれば年収のパーセンテージをコミッションとしてもらえるため、より年収の高い仕事や向いている仕事とマッチングしてくれる。なので、年収を上げたい場合や、より上のタイトルを探している場合はエージェント型の方がよい。

 

インハウスのエージェントは、自社に合った人材を探しているので、持っているポジションが限られている。その代わり、その会社に本当に合った人を探しているから、エージェントと比べると、より話が信用できる…ような気がする。