#あたシモ

虹の向こう側

友達を失うことが怖い

Lonely



わたしは友達を失うことが悲しくてしかたない。

 

恋人と別れるのも怖いのだが、まだ、それは「辛いけど必要なこと」として受け入れられる。

 

 

わたしが逆に受け入れがたいほど辛いのは、昔友達だった人で、好きで、仲良くしてたのにいつのまにかそうじゃなくなってしまうことだ……。

 

 

わたしは割と人間関係は淡白で、どーでもよい人のことはどうでもよい。マジで。よく、彼女とか友達からは「みんなに好かれたがってる」と言われるが、そんなことは全然なくて(もちろん嫌われたらそれなりにショボンとはするけど)、どーでもいい人と疎遠になっても「まぁこういう運命だよな」くらい思ってる。

 

 

だが、しかし、運命に逆らいたい時もある。

 

ずっと仲良くしたい友達と、なぜかだんだん疎遠になってしまうこと、あるじゃん。

 

それが運命の流れなのかなと思いながらも、でも逆らいたいから話しかけてみたり、遊ぼうと誘ってみたり、でも、何かが前と違うというケース。

 

Claireのことは好きだけど、前から何か、なんていうのかな?怖い時があった。どこかで馬鹿にされていそうな気がして、怖かった。

 

そして今彼女と友達の糸が切れそうな気がするのだが、それがとてもさみしい。

 

黙って座って友達の糸が切れていくのを見つめるのではなく、自分から連絡して、ねえ、久しぶり。元気?会おうよ、久しぶりじゃん。会いたいよって言えばいいんだろうけど。わたしはどうもそんな時に、断られたら嫌だなって思ってしまって、断られるのが怖かった。

 

嫌われてるって思うのが怖かった。

 

好きな相手から拒絶されるのは、いつだってほろ苦くて辛いもんね。

 

でも、その恐れを乗り越えて、リスクを取ったものだけが、大いなる果実を手にすることができる。