#あたシモ

虹の向こう側

スーパーヒーローものが苦手でも楽しめる!マーヴェル『ブラックパンサー』感想(ネタバレあり)

Marvel's Black Panther: The Art of the Movie

『ブラックパンサー』のあらすじ

アフリカの秘境に位置する小国ワカンダ。この高度な科学技術を誇る超文明国で、先代ティ・チャカに代わり、その息子ティ・チャラが新国王に即位した。彼の使命とは王として国を治めながら、漆黒のスーツに身を包んだ闇のヒーロー「ブラックパンサー」として希少鉱石ヴィブラニウムを守ることだった。ダイヤモンド以上の硬度を持ち、ウラン以上のエネルギーを放出するヴィブラニウムによってワカンダは他国を圧倒する科学技術を手に入れた反面、表向きは発展途上国として孤立主義を採り、他のアフリカ諸国が白人によって征服された中でも500年に渡って平和と独立を保つことができた。だが、世界のパワーバランスを変えてしまうほどの価値があるこの地下資源の秘密が知れるとワカンダも他国の攻撃を受ける恐れがある。ワカンダ国王は代々、ヴィブラニウムの秘密を守るためブラックパンサーとして活動していた。しかし、チャカの死とそれに伴うアベンジャーズの分裂騒動にチャラがスーツを着て参加したため、ブラックパンサーの存在を世界に知らしめてしまうことになり、ワカンダは大きな危機が迫っていた。(Wikipediaより)

『ブラックパンサー』の感想

想像を上回る面白さ!でした。

わたしは、アヴェンジャーズとか、マーヴェルシリーズはあまりそんなに好きではありません。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』とかも劇場で観たのだけれど、途中意識が飛んでしまって、よく覚えていない、というていたらく。決して「苦手」というわけではないのですが、スーパーヒーローものって「世界観」とか、以前から共通して出て来るキャラクターとか、「お約束」が多いじゃないですか。わたし、そういうのがよくわかんないというか、苦手なんですよね。だから、サーガ系の超大作も苦手です。『スターウォーズ』とかも、『フォースの覚醒』の時に一念発起してイッキ見してようやく理解できるようになりましたが、それ以外の『スタートレック』とか『指輪物語』とか苦手です。『ハリポタ』ワールドはなんとかわかります。

そんな状態でこの映画を楽しめるのだろうか?かなり不安だったものの、観始めると、そんな不安は一気に吹き飛びました。マーヴェル世界のスーパーヒーローに対する背景知識がなくても十分楽しめる良質なエンターテイメント作品でした。

特にわたしが気に入ったのは、敵役のマイケル・B・ジョーダン演じるエリック・キルモンガー。美形すぎっ!登場の時のインテリっぽい眼鏡姿もかっこいいし、ティチャラを倒すために現れ、自分の素性を明かすところもキャア!って感じだし、その後決闘シーンで魅せる肉体美もセクシー!

また、他にも『それでも夜は明ける』のルピタ・ニョンゴや、『ウォーキング・デッド』のミショーンことダナイ・グリラ、母親役のアンジェラ・バセット、フレッシュな妹役のレティーシャ・ライトなど、美形の役者がてんこ盛りです。あ、もちろん主役のチャドウィック・ボーズマンもよい味だしてます。

ウォーキングデッド テレビシリーズ 10インチ デラックスフィギュア ミショーン / THE WALKING DEAD TWD TV DELUXE MICHONNE 【並行輸入版】

あとは、ケンドリック・ラマーの音楽もめっちゃいいし、監督も「ちゃんと」黒人を起用しているし(これについては別エントリたてます)、それでいてきっちりヒットに仕上げているし。なんというか、ディズニーのエラさが際立つ作品でした。

富は分け与えるべきか?

さて、そんな高評判だらけの映画『ブラックパンサー』ですが、なかなか考えさせられるテーマも含んでいます。それは、自国が恵まれている時、その富を分け与えることによって、同胞を助けるべきなのか?という問題。

映画のなかでは、ワカンダ国は、「アフリカのなかの隠れた超先進国」という設定。その秘密ははるか昔、墜落した隕石に含まれていた希少な鉱物「ヴィブラニウム」です。ワカンダはこの胃ヴィブラニウムを独占することによって、高度な科学技術と富を享受しています。

でも、ワカンダの国外に目を向けてみると、同じような立場のアフリカ諸国やアフリカン・アメリカンたちは貧困にあえぎ、苦しんでいます。そんな時、ワカンダはどうするのが正しいのか……?これは、恵まれた立場として先進国に暮らす自分にとっては大きな課題として刺さってきました。

映画のなかでは、ワカンダは最後に非常に映画らしいオプティミスティックな選択をしますが、これが続編ではどう描かれていくのか……?非常に興味津々です。

『ブラックパンサー』の評価

  • アクション度 ★★★★☆
  • ブラック・イズ・ビューティフル度 ★★★★★
  • 何も知らずに観ても楽しめる度 ★★★☆☆

www.atashimo.com

www.atashimo.com

www.atashimo.com