読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

世論調査詐欺電話

DSC_0012

今日面白い電話がかかってきました。

インド訛りの英語でかかってきて、世論調査だというのです。

最近何回か似たような世論調査だと名乗る電話がかかってきたことがあって、頼んでもないのにかかってくるので忙しいし断って居たのですが、今日は暇だったのでつきあってみることにしました。

世論調査に協力してくれた人には10ドル差し上げますとのこと。

ふぅん……怪しい。

「今これは携帯ですか?」

「はい」

怪しい怪しいと思いながらも。まあいいやと思って答えていく。

「運転中とかではないですよね?調査に集中できる状態ですか?」

「大丈夫です」

「あなたは何群に住んでいますか?」

「ロサンゼルスです」

「それでは今カリフォルニアの直面している問題で一番あなたが心配しているのは何ですか?」

「えー。何ですかねぇ……わかりません」←バカ

「ジェリーブラウン知事を支持しますか?」

「はい」

「カリフォルニア議会はうまくやってると思いますか?」

「うーん……はい?」

「住宅のコスト問題はあなたにとってどれくらい重大ですか?」

「まぁまぁ問題です」

「実は最近ジェリーブラウン知事はこれこれこういう法律にサインしましてこれによって住宅価格がウンヌンカンヌン…これを支持しますか?」

「わかりません。もう少し調べないと」

「あなたにとって貧困はどの程度問題ですか?」

「大麻解禁について賛成ですか?」

「連邦政府は大麻の取り締まりをやめるべきだと思いますか?」

「トランプ大統領はどうですか?」

「連邦議会はよくやってると思いますか?」

「移民の取り締まりを強化することは、地域のビジネスのためになると思いますか?」

「移民の取り締まりを、強化することで、友達や身近な人が強制送還されることはどの程度心配ですか?」

同性婚や、宗教の自由については聞かれるかな?と思ったけど聞かれず。

答えるたびにカチッカチッと入力しているらしき音が電話越しに聞こえてきます。

いつも投票してますか?とかアメリカ市民ですか?とかアメリカ生まれですか?何党に登録してますか?自分はリベラルだと思いますか?健康保険は持ってますか?収入はいくらですか?持ち家ですか?世帯には何人大人がいますか?とかいよいよ聞かれたあげく、

「これらの質問について、レポーターがより深く話を聞きたい場合、追って連絡してもよいですか?」と。

わたしは色んな質問に答えすぎてて、ここらへんで完全に、やっぱり世論調査だったのねモードになってました。

そして普段投票できない自分がこうして世論調査に参加できることの喜びすら感じてしまっていたのです。

ところが最後に我に帰りました。

「それでは10ドル送りますので住所とお名前をお願いします。まずはお名前から」

…いや、ここで名前と住所言ったら、わたしのほぼ全ての個人情報この人にバレるよね?

一瞬10ドルによろめきかけたわたしでしたが、すぐに我にかえり、いりません!と電話を切りました。

いやー。危ない危ない。引っかかるところだった。

その後検索してみると言われた名前の団体は見当たらず、かかってきた電話番号を見ると、様々なスキャム(詐欺電話)が、この番号からかけられているようでした。ちゃんちゃん。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

↑ロサンゼルス情報をもっと知りたい!という方はポチッと応援よろしくです!

【ロス観光おすすめ】陸からホエール・ウォッチングができる!しかも無料とかww

f:id:calibaby:20170515124945j:plain

今日はロサンゼルスで「陸からのホエールウォッチング」をしてきました。

パロスバーデスというエリア

陸からのホエールウォッチングができるのは、パロスバーデスというエリアにあるポイント・ヴィセンテです。

ここは、LAXから南に約40分ほど行ったところにあります。パロスバーデスは、観光客向けではなく、ロサンゼルスが初めての観光客はまずこないところです。でもわたしは好きで、個人的には大切な友達を必ず連れていきたい場所です。

ここには、テラニア・リゾートというホテルがあり、宿泊しなくてもカフェやレストランを使うだけでもおすすめです。

↑灯台。ここのビーチは砂浜ではなく崖になっているのが特徴。写真下手で伝わらないけど、この一帯は生で見ると息を呑むほど美しいのです。

一部で「世界一眺めのよいスタバ」と勝手に言われているスターバックスもすぐ近くにあります。

わたしは実はこのエリアは、ロサンゼルス近郊のなかで、サンタモニカより、ウェストハリウッドより、ビバリーヒルズより、どこより好きかもしれまん。美味しいお店があるとか、面白い町並みがあって買い物が楽しいとかではないので観光客的には面白くないのですが、とにかく美しい。いい意味でロサンゼルスっぽくないというか。美しすぎて「えっと……ここは天国なのかな?」って思ってしまうくらいなのです。

わたしはパロスパーデスはハイキングや自転車でじっくりと楽しむのが好きですが、ドライブでもその美しさは感じられるし、ちょっと夕焼けを見に来るだけでもよいので、ぜひロサンゼルスに来る多くの人に訪れて欲しい場所です。特に、「サンタモニカにも行ったしハリウッドにも行った」的なロサンゼルス観光リピーターの方にオススメです。

ちなみに、ここらへんは会員制のゴルフコースも多くあり、ドナルド・トランプのゴルフ場もあります(汗)

陸からのホエールウォッチングに最適な場所

そんな素敵なエリアにあるポイントサンヴィセンテは、陸からクジラが見られる場所として、ロサンゼルス近辺では最高の場所と言われています。パロスバーデス自体が、海に突き出した半島の地形になっていて海に近いので、沿岸性のクジラが潮を吹いたり、呼吸のためにあがってきたり……というのが見やすいのですね。博物館があり、このエリアの歴史や、クジラの生態について学べます。

車の鍵か免許証と引き換えに双眼鏡を貸して貰えるので、さっそくわたしたちもホエールウォッチングへ。かなり遠くまではっきり見えて、目を凝らしてしばらく探しまくったのですが、残念ながらクジラを見ることはできませんでした……。しくしく。

でも、波の感じを見てたら心が落ち着いたし、海鳥が水面すれすれを飛んでいくところや、ボートや、綺麗な花が咲いているところなど、いろいろ見られて楽しかったので、よしとします。

実は、もう今はクジラのシーズン終了(5月15日)ぎりぎりでした。どうやらロサンゼルスのホエールウォッチングは1月〜4月がシーズンらしいので、次はもう少し早く来ようと思います。

海からのホエールウォッチングもあるよ!

というわけで、陸からのホエールウォッチング、残念ながらクジラは見つけられませんでしたが、海からのホエールウォッチングは以前したことがあります。ロサンゼルス近郊の様々な港から出港するツアーが出ていて、わたしは、ニューポートビーチから出発するツアーに参加しました。数時間のコースで、クジラのダイブは、何回か遠くに見えたくらいなのですが、しっかり尻尾を見ることができました!それだけじゃなくて、イルカの大群がボートのすぐ側で泳いでくれたりして、大満足でした。

ハワイのマンタレイウォッチングとかバカ高かった記憶ありますが、カリフォルニアのホエールウォッチングはそんなに高くなくて、チケットは20ドルくらいから。グルーポンとかにもよくディールが出てたりしますので、見てみてねー。海好き&動物好きにはたまらないと思います。

やっぱり、都会なのに、海も山も近くて、砂漠砂漠と言われながらも自然に恵まれている南カリフォルニアが大好きです。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

↑ロサンゼルス情報をもっと知りたい!という方はポチッと応援よろしくです!

Add Friend

↑LINE@でおしゃべりしましょ♪更新情報を流しています♪

アメリカの映画館で字幕マシンを借りてみた!

ロサンゼルスの映画館で字幕マシンを借りてみました!

 

アメリカの映画館で借りられる「字幕俺だけ見えるマシーン」が素晴らしい - Togetterまとめ

 

↑ここで取り上げられている奴です。アメリカでは、アメリカ障害者法(Americans with Disabilities Act of 1990:通称ADA)に基づき、障害を持つ人が差別されることのないよう、様々な場面で施設のバリアフリー化が義務付けられています。映画館が、字幕を用意しているのは、本来は耳が不自由な人のためです。

 

わたしは耳が聞こえない訳ではないので、一応、数が足りているか確認して、ギリギリに借りることにしました。

 

f:id:calibaby:20170514173047j:image

 

映画館のゲストサービスに行って、字幕(クローズドキャプション)の機械を貸してくださいと伝えます。

 

f:id:calibaby:20170514173321j:image

 

じゃん!

 

 

裏面はこんな感じ。

 

f:id:calibaby:20170514173347j:image

 

座席の横のカップホールダーに刺して固定します。

 

f:id:calibaby:20170514173425j:image

 

画面と合わせると、こんな感じ。

 

f:id:calibaby:20170514173442j:image

 

 昨日尻切れとんぼになってしまったので続きを書きますと、しかしこの機械はうまく映画館ののシステムと同化しておらず、使えませんでした。

 

上の写真をよく見るとNot Foundと書いてあるのがわかると思います。

 

とゆう訳で、少し残念な結果でしたが、また、次回挑戦したいと思います。とゆーか、これが本当にお金を払って入った聴覚障害の方だったらかなりがっかりしますよね。

 

でもこの様な機械が整備されているというのは、さすがです!

  

 

新しもの&面白グッズ好きは必見!今、クラファンで支援できる注目ガジェット私的ベスト3(&おまけ)

f:id:calibaby:20170512144537p:plain

新しいものが好きで、いろいろなガジェットを見つけるために、クラウドファンディングサイトをよく見ているわたし。最近欲しいな、面白いな!と思ったものをご紹介。

www.atashimo.com

  • 「音のカーテン」でぐっすり熟睡!子供の寝かしつけにも使える「レクトロファン」
  • 金属の力でしっかり遮断する耳栓「アイソレート(ISOLATE®)」
  • 座るだけでどんどん運動できちゃう「HOVR」
  • もう服薬を忘れない!服薬システム色々。
    • 服薬を絶対に忘れないようにしてくれるボトル「Pillsy」
    • 賢くて美人なピルケース「EllieGrid」
    • 遠隔の家族も安心!服薬トラックシステム「PillDrill」
続きを読む

壊された監視カメラと、目の前にある格差

Surveillance camera

最近わたしの住むコンドミニアムで泥棒が増えているという話をした。

わたしの住むコンドミニアムで泥棒が多発している - #あたシモ

一階の住人は窓ガラスを切られて侵入され、三階の住人は天井からロープを使って侵入されたのだとか。

それに関して、また続報のビラが貼られていた。

コンドミニアムの共有地には、防犯カメラが仕掛けられているのだが、最近このカメラが壊されているのだという。さらに、一人の住人は他の住人らしき誰かが、防犯カメラのワイヤーを切っているところを目撃したのだとか。

……え、他の住人らしき誰か?

うーん。

怖い。

でも、これは本当に住人の仕業なのだろうか?

いくら自分が泥棒するためとはいえ、自分が住んでいるコミュニティの治安を悪くするようなことをするだろうか?

犯人はこの中にいる……。

でもここにいるのは住人だけじゃない。

コンドミニアムの敷地内には、24時間警備員が回っている。 掃除する人も、植木職人もいる。彼らが関わっている可能性はないんだろうか?

警備員の中には何年も勤めていて、名前も知っていて友達のように挨拶する人もいる。

わたしは彼らを疑うようなことを考えた自分に焦った。決めつけてはいけない。

でもわたしが挨拶するのは一人か二人の警備員だけで、他の警備員のことはよく知らない。中には顔を合わせても会釈してくれないような怖い警備員とか、彼氏らしき車をゲートの横に停めっぱなしで、通れないので困ったなぁと思ったこともある。

そこには明らかに人種的、そして階層的違いがある。

警備員のほとんどはこのコンドには住んでいない。とゆーか、多分警備員の給料ではこのコンドには住めないんと思う(まぁ、わたしもFちゃんがいるから住めてるだけで一人では住めません)。

そう考えた時、同じコンド内に恐ろしい経済格差があることに気づいた。

もちろん以前から、先進国に生まれ育ち、教育を受けてホワイトカラーとして仕事をしている自分は世界規模で言えば「恵まれた立場」であることはわかっていた。でも「世界レベル」まで行かなくても、こんな足元に、こんな身近に、格差はあったのです。

足元に流れる深い川

しかし、わたしはこのコンドに3年間、彼女は既に8年間ほど住んでいるが、その中で、こんなに窃盗事件が起こったことはなかったという。

決して治安が悪い街ではないのだが、雰囲気が変わってきているのだろうか?

そんなことを感じた。

(ちなみに、わたしはここに引っ越す前はもっと治安が悪い街に住んでいて、真夜中に道で大喧嘩があって警官が訪ねてきたり、道で殺人事件があったり……ということがあった。歩いていると、背後から男が無言でついてきたり、車が盗まれたり、「おたくの車に当てられた」とイチャモンをつけられる手紙が届いたり……怖かった!ここら辺はまた改めていつか書きます!)

今度、地元の警察がコンド内で防犯に関する説明会をやるらしい。しっかり話を聞いてこようと思う。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

↑ロサンゼルスの怖い話がもっと読みたいって言う人は…ポチッと応援クリック!

Add Friend