#あたシモ

虹の向こう側

最近高まりつつあるネガティブな感情5つ

最近こんな感情を覚えることが多い。……というのは、やはり心の状態が本調子ではないのでしょう。ブログを通じて、少しずつ浮上はしているものの、基本的に、最近はずっと低空飛行です。その理由を少し掘り下げてみました。

孤独

恋人はいるものの、友達が減っている気がする。皆結婚して、子供を産み、人生の次のステージに進んでいるなか、自分はそこに入れていない。結婚したいかもわからない。また新しい友達がなかなかできない。仲良くなりたいと思える人もあまりいないし、いるとしても、そこまで時間を費やすことができないため、結果的に仲良くなれない。

不幸

生活が荒れている。ファーストフード食べたり、夜更かししたり。ぶっちゃけ「こうありたい」生活からかけ離れている。

退屈

趣味がない。ルーティンに追われてやりたいことが思うようにできない。例えばもっと新しい料理作ったりとか、旅行の予定をしっかり立てたり。運動したり、もっと挑戦したい。

疲労

気力体力がない。ぼーっとスマホを眺めているうちに、何時間も経っており、目や頭が疲れて寝てしまう。読書や仕事が全くはかどらない。趣味どころではない。

不安

仕事で結果が出せていないのと、いまいち成長できる環境でないため、このまま漫然と同じことを続けていてよいのか不安。一応最低限のお金は稼げているものの、5年後、10年後のなりたい自分のビジョンは何か?それに向けて、今やるべきことをできているか?というと答えは「できてない」と思うため、焦る。

やってみたこと

てな感じでとにかく心にネガティブな感情がたまっていて辛すぎたので、今日はふたつのことを行いました。

ひとつは、「家の掃除」です。わたしは部屋が汚いんですよね。そんなそのことが色々な事象に影響をもたらしてると思います。久々にとゆうか半年ぶりくらいにしっかり部屋を掃除したので、少しスッキリしました!

もうひとつは、「A4メモ書き」です。『ゼロ秒思考』で有名になった奴ですね。前は心のモヤモヤを詳しく文章にして分析することを、ブログでできてましたが、今は、色々な人が見ているので、できなくなりました。そーゆー内容を、紙にどんどん書いて、考えをまとめていく…という作業です。日記でもよいんですが、せっかくなので『ゼロ秒思考』っぽくやってます。詳しくはここら辺を見てみてください。

効果はもう少し続けてみてお伝えします。

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

意図して減らそうと思っているのは、「ツイッターをやる時間」です。わたしはスマホ中毒気味で、特にツイッターをぼーっと見ていると、平気で半日が経っていたりするので…これをやめたらかなり他のことができるはずです。

あと、感謝祭はのんびり小旅行に行くことを考え中。頭を空っぽにして、体と心をゆっくり休めたいと思います。

【ディワリって何?】アメリカのインド系向け新聞を読んでみた!【異文化】

今日は、インド料理屋行きました!すると、そこにインド人向けのコミュニティ新聞『INDIA WEST』があったので、ちょっと見てみました。INDIA WESTは1975年に創設されたインド系コミュニティのための新聞で、毎週10万部以上発行されているそうです。

  • Diwaliって何?
  • 面白い広告
  • 記事は?
  • 求人募集:モーテル関係が多い
  • 結婚相手募集:カースト不問
  • アメリカのインド人
続きを読む

「コップで飼える?」「花瓶の水で育つ?」ベタの飼い方について調べたよ!

(熱帯魚)ベタ・クラウンテール 色指定なし(オス)(1匹) 本州・四国限定[生体]

ベタの飼い方

前回はベタの種類についてまとめましたが、今回は、ベタの飼い方について調べてみました!以下、アメリカのベタフォーラムなどで調べた内容なども入っています。

  • ベタの飼い方
    • ベタに適した水温:暖かめで!
    • ベタに必要な水の量:コップ・ボトルで飼うのは実はNG!
    • ベタに必要な装置:フィルター・エアレーションは必要?
    • ベタの餌やり:必要です(あたりまえ)
続きを読む

ベタの種類についてまとめてみたよ!

ベタ トラディショナル オス 青系(約5cm)<1匹>[生体]

ベタとは

「生きるインテリア」とも言われるカラフルなベタ。そもそもは、メコン川の原産で19世紀くらいから、タイやマレーシアでは、闘魚のために使われていました。その後、観賞魚として、フランスやドイツにも輸入されました。

そもそもうちではFちゃんが、割と前からベタを飼っていて、その時はわたしはあまり関与してませんでした。

でも、2年前かな?iPhone6にした時に、ロック画面で優雅にヒレを翻すベタの写真が選べて「何これ綺麗!」ってなりました。今のiPhone8はベタちゃん消えちゃって悲しいです。そして、改めて最近自分のベタを貰ったため、ベタについて、調べた次第です!

ベタの種類

ベタの分類法はヒレや色の形など、色々ありますが、ここでは、ヒレの形で分けてみました。

ベールテ−ル(Vailtail)

もっとも一般的なベタ。並ベタとかトラディショナルと呼ばれることも多いようです。ベールテールはもっとも遺伝子的に優勢で、他の種類とかけあわせても、ほぼベールテールになるようです。

ダブルテール(Doubletail)

尾びれが上下に別れているのが特徴のベタです。

ハーフムーン(Halfmoon)

HM Red M - Sarawut

D型(180度)に広がる尾ひれが特徴のベタ。もっとも美しいと言われる種類のベタ。色も微妙で美しい。ショーに出るベタはこのハーフムーンが多いそうです。遺伝子的にも珍しいもので、値段も高価です。

デルタ/スーパーデルタ(Delta)

ハーフムーンのように180度には達しないものの、大きく上下に広がる三角の尾ビレを持つ種類。普通のベタは尾ヒレが下の方にが広がっているが、このタイプは、上下に同じくらいの角度で広がる。

ファンテール(Fantail)

デルタの尾ヒレが丸みを帯びたもの。まるで扇のように見えることから。

フルムーン(Fullmoon)

ハーフムーンかつダブルテールを持つベタ。実はこのフルムーンという呼び名は、あんまり見かけません。ダブルテール&ハーフムーンって呼ばれてる気がします。

クラウンテール(Crowntail)

軟条(レイ)という部分が飛び出して、ヒレがギザギザしているのが特徴のベタです。派手ですね〜!

コームテール(Combtail)

クラウンテールと、他の尾ビレの種類をかけあわせたもので、クラウンテールほどではなく「少しだけギザギザが入っている」タイプです。

ハーフサン(Halfsun)

クラウンテイルとヴェールテイルのかけあわせで生まれた品種。尾びれはクラウンテイルほどギザギザしていないのが特徴です。

フェザーテール/ローズテイル(Feather tail)

ハーフムーンでさらにボリュームのある尾ビレがまるで薔薇や羽根のように見えるタイプのベタです。なかなか見られないレアなベタのようです。突然変異で産まれているので繁殖には向かず、また尾ビレの重さにより、活発さはないようです。

プラカット(Plakat)

HMPK Dragon Genes M - Betta-Territory

プラカットは、尾ヒレが小さく、野生のベタに近いものです。オスでも一見メス?と思ってしまうくらいヒレが短いのですが、闘争心が強く、人気の品種のようです。また、他の特徴を併せ持つ「トラディショナルプラカット」「ハーフムーンプラカット(HMPK)」「クラウンテールプラカット(CTPK)」などもあるようです。ネットだと人気っぽいですが、お店で見かけたことはまだないです!

ダンボ(エレファント)(Elephant)

Siamese fighting fish dumbo ears #betta #splendens #bettafish

胸ビレが大きいのが特徴のベタ。正面から見ると、耳をパタパタさせている感じで可愛いです!お店でよく見かけます!

ワイルドベタ

え……本当にベタですか?というくらい地味なのがこちらのワイルド(野生)ベタ。

上に書いた以外にもあるようです。 予想以上にいろいろなベタがいることがわかりました。いろいろな種類のベタに出会ってみたいですね!

政治に「強いリーダー」を求めてしまう弊害

家族が「日本にトランプのような強い人が出てきたら支持する」「ZOZOの前澤社長に首相になってほしい」と言っていて、「うわぁ……」と思ってしまった。いやいやいや。ヤバい傾向だね。

こーゆーこと言う人よくいるし、実際ビジネスマンから政治家に転身する人が割と多い。でも、多くの場合、そういうビジネスマンあがりの政治家は、政治の場では実業ほどの結果を残さないことが多い。経営者として有能な人が、よい政治家になるとは限らないのだ。それは、なぜか?

まずひとつめの理由としては、企業にとって利益は本質的なのものなのに対し、社会はそうではないということだ。社会の構成員は非常に多様で、一部だけ見たら、利益を生まないセクターもあるだろうし、「生産性」という意味では、劣るところもあるだろう。「継続的な利益の追求」という企業のミッションからすれば、そう言ったセクターを切り離し、効率化し「無駄」をなくしていくことは善だ。

しかし、社会を運営する時に、同じやり方では困る。企業は従業員や顧客を選べるが、社会は選べないのだから。そこでは「継続的な利益の追求」というわかりやすい目的はなくなり、「社会は何のために存在するのか?」という、ある意味哲学的な問いに対するポジションを取り、現実のアクションという形で答えを出していかなければならない。経営者は、多くの場合、どちらの陣営にも影響力を保つため、対立している政党両方に支援をする。経営者出身の政治家は「経済優先」という点はあるものの、社会を取り巻く哲学的な基盤や信条を欠くことが多く、政策がブレやすい。

次に、ふたつめの理由としては、政策の実行面で、これについても、経営者と政治家は違うからだ。オーナーが強大な権力を有しているような会社であれば、経営者がワンマンで決めて行って回すことはできるが、政治はそうはいかない。政治は、複数のステークホールダーの利害調整を慎重に行い、議会を説得し、人を巻き込み、交渉しながら進める必要のある作業だ。グイグイ会社を引っ張ってきた経営者が政治家になって同じようなワンマンさを発揮できるとは限らない。(それができているとしたら独裁に近い状態なので、きっとあまりよくないことだ)

もちろん、現状の政治や政治家に不満があることはわかる。いくら投票しても、自分の支持する候補者が当選しないような場合、「何をしても変わらない」という無力感にとらわれるのも理解できる。

でも、そこで、「わかりやすい強いリーダー」を求めて、明らかに不適応な人に期待してしまうことは、ものすごく危険だと思う。

じゃあどうしたらよいのか?

強いリーダーがガン!と変えてくれるという幻想は捨て、自分にできることを、「今ここ」から、地道にやってくしかないんだよね。