#あたシモ

アメリカで働くレズの徒然

映画『アラジン』実写版ようやく観たので雑な感想〜

アラジン (オリジナル・サウンドトラック / デラックス盤)

今更なんですが、忘れないように書いておきます。

感想

面白かったんだけど、期待はずれ。

あと、アニメ版、忘れすぎてて笑った。

アニメ版の迫力は何なんだろう?

でも忘れてた割に、脳裏に刻み込まれてる圧倒的なシーンってあって。その「圧倒される」感じがなかった感じ。

例えば、 砂漠のシーンにしても、『ホール・ニュー・ワールド』にしてもビジュアル的な「どわー」ってのがなかった気がする。

これは、小さい時観たのと、おとなになってから観たのの違いかなあ?

悪役のジャファーが物足りない!

悪役のジャファーが圧倒的に弱いです。画面上での存在感がないし、目力も弱いし、ディズニーのヴィランとしての魅力に欠けています。

f:id:calibaby:20190724123930j:plain

アラジン・ジャスミン・そしてジーニーたちがなかなか良かっただけに、ジャファーにはがっかりしました。もっと大柄で大きくて、嫌らし〜い感じの役者にねちっこく演じてほしかった!

歌もまあまあ

歌も皆さん頑張ってましたが、まあまあでした。ここらへんは、『美女と野獣』

『ホール・ニュー・ワールド』は肉体関係の暗喩だなーと思ったw

新しく追加されたジャスミンのソロ曲『スピーチレス』は内容もさることながらなかなかのパフォーマンス。ただ、映画の中では浮いてたような。

現代的になってたジャスミン

ジャスミン王女のキャラクター造形は、「自分で国を治めたい」という意気込みを持つ現代的な女性にアップデートされてました。

まあ、オリジナルのジャスミン王女が、ちょっとすぎましたもんねありますもんね!

ディズニーの「昔の自社アニメが補強してたステロタイプを壊しにかかる」という巡礼はまだまだ終わりそうにありません。

評価

  • アニメ版を忠実に再現度 ★★★★★
  • 面白い度 ★★★☆☆
  • 名作度 ★★☆☆☆