#あたシモ

虹の向こう側

疲れてる人必見。水草の気泡って、めちゃくちゃ癒やされる

のんびり水草を眺めていたら、プクプクと水草の根元から小さな泡が出てきているのが見えました!えええ?エアレーション(空気ポンプ)はつけていないのに!じっと見たら、どうもアマゾンソードの根本から定期的にぷく…ぷく…ぷく…という感じで出てきています。ほえええ。可愛い!水草の息吹を感じました。

しばらく見つめていて、めっちゃ癒されました!

水草にはLEDライトをあてていたのですが、それで光合成をして生まれた酸素がこうして目に見えるんですね。感激です。

これはまた別の日ですが、水草の葉の裏に、細かい気泡がたくさんくっついていました。

写真で見るとイマイチわかんないですが、葉っぱに可愛い泡がたくさんくっついています。わあ、やっぱり水草も生きてるんですね〜。こういうのを見ると妙に感動。

しつこい茶ゴケ

でも、相変わらず水草の葉っぱには、茶色い斑点状のコケ?がついています。なので、今日も手でこすって取りました。この茶色いコケは触ると少しヌルっとしています。

この茶ゴケは、水槽を立ち上げた直後によく出るらしく、理由は濾過バクテリアが育ってないからだとか。ガラス面にはあまりつかず、水草の葉にだけつくんですよね。うーむ。

一般的にわたしはコケは好きというか、流木や石に苔むした感じって嫌いじゃないのですが、水草にコケがつくのは、見た目が気持ち悪いのと、水草の光合成を妨げてしまうのが怖いので、嫌ですね!