#あたシモ

虹の向こう側

報われなくても頑張る理由

photo by BlueRobot

突然ですが。いやね、これ↓読んだので、考えてたんですよ。

kentaroupeace.hatenablog.com

七年間バイトで頑張って、それなりにスキルあるのに、時給に反映されないという話ね。

「頑張っても報われないのになぜ努力するの?」

もう一度、聞きます。皆さんなら、どう答えますか?

確かに、頑張っても、報酬に反映されないと辛いし、疲れちゃうから、自然と多少「サボらない程度に手を抜く」状態には、わたしもなる。報酬だけでなくて、人生のあらゆる場面で、「頑張っても報われない」ことって多い。

でも、報われないからって、全然ダラダラするのを平常化したり、完全に努力するのをやめてしまうと、 というもっと高いコストを払う羽目になる。自分で自分のやってることに誇りを持てないのは、本当に辛いし、抜け出すのに時間もかかる。

だから、報われなくてもサボりたくはないし、どんな状況でも、「自分はベストを尽くしてる」と言えるような努力はしときたいんだよね。状況がどう転んでも、自分への信頼が残っていれば、何とでもなるから。

「報われなくても努力する」理由。一見非効率的に見えるかもだが、自分のなかでは完全に合理的な選択である。

(……あ、でもね、その環境にずっといようとは思わない!さっさと報われる環境へ移動します)

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある