読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

祝六〇周年!ディズニーランド&カリフォルニア・アドベンチャーに行ってきた★

昨日は、メモリアルデーという、戦没者を追悼する祝日だった。また、アメリカでは五月下旬のメモリアルデーの連休から九月頭の連休レイバーデーまでが「夏」という意識があるようで、ここらへんから休日といえばあちこちで「BBQ」をやるのが定番である。日本で梅雨が開けると夏!っていうのと似てるかも。

というわけで(……って全然つながってないが)、今年六十周年を迎えるアナハイムのディズニーリゾートへ行ってきた!

ちなみに、今、ディズニーランドのチケットは、大人99ドル、子供93ドル!カリフォルニア・アドベンチャーとディズニーランドのホッピングだと大人155ドルもする!つまり、家族四人で行くと、入場料だけで400ドル近くかかるのだ!ぎゃー!家族持ちって大変だわ。それでも、「世界で一番幸せな場所」なだけあり、ディズニーリゾートへ向かう道は、既に高速を出るところから渋滞気味……。わあーお。

さて、今回わたしの目当ては、『アナと雪の女王(Frozen)』ネタ!

まずは一目散にカリフォルニア・アドベンチャーの『アナと雪の女王(Frozen)』コーナーへ!

前回訪れた時もちょこっと『アナと雪の女王(Frozen)』コーナーはあったのですが、アレンデールの歴史を皆で歌う「フローズン・シング・アロング」のショーは今回初めてだったのでワクワク!しかし、シング・アロングは、一分でも遅れると劇場入れてもらえず、実に二度も逃しました(汗)

エルサとアナのヤバいぬいぐるみを見つけたのもココ(汗)三度目の正直で入れたシング・アロングは、子供が多かったですが、それにしても、楽しかった!

歴史家たちがアレンデールの歴史を振り返るという形で映画のシーンを振り返り、一緒に歌うのですが、アナ雪好きならたまりません。

アナをアジア人女優が演じていたような気が。そして最後はエルサ女王も登場!アナも可愛いけど、エルサのカリスマティックな魅力には叶いませんね。素敵。エルサの動きがエレガント過ぎて、わたし目がハートに。ちゃんと氷の魔法を披露し、最後には会場に雪を降らせていました!すごーい!エルサとアナに会うためのコーナーもあったのですが、わたし多分エルサに会ったらドキドキしすぎて何も言えなくなりそうなので、諦めました。←エルサをどういう目で見てるんだこのど変態め!

カリフォルニア・アドベンチャーには「CARS」などの人気アトラクションがある他、カリフォルニアの見どころが詰まってる。

カリフォルニアのワイナリーを模したところではワインテイスティングができますし(←そう!カリフォルニア・アドベンチャーではお酒が飲める!)、またヨセミテやセコイヤ国立公園っぽい、「グリズリー熊のいる森」を模したコーナーやハイキングコースっぽいのもある。

ディズニーのうまいところは、いろんな土地の魅力のエッセンスをパークのなかに再現すること。アリゾナ州セドナとかもそうだが、まさに「ディズニーランドで観たのと一緒!」って思わせてしまうくらい、「うまい」。もちろん、本物の迫力には叶わないけど、それにしても、やっぱりすごい。

photo by Thales

↑ビッグサンダーマウンテンそのまんま……

カリフォルニア・アドベンチャーで、ローラーコースターと、グーフィーのスカイスクールに乗って、ディズニーランドで、夜のパレードと、花火を観て、またカリフォルニア・アドベンチャーに戻って、ワールド・オブ・カラーという水と光のショーを観て、スペース・マウンテンとスター・ツアーズに乗りました。

新しくなったばかりのワールド・オブ・カラーは、ホスト役がニール・パトリック・ハリスで、 色合いもレインボーだし、曲も虹の彼方にだし、非常にゲイな感じでした。そして、観ているうちに、ディズニーって素晴らしい!っと思ってしまう不思議。

↑パレードに登場したアナとエルサ。よく見えないか……。

花火でも、ワールド・オブ・カラーでも「レリゴー」が大フィーチャーされていて、個人的にはそれがとても嬉しかった!「お腹いっぱい」な人もいるでしょうが、わたしはレリゴー大好きなので。日本でもレリゴー流れまくってたらしいですが、アメリカ人もレリゴー好きなんじゃんね!

最後は歩き疲れてクタクタになりましたが、楽しかったー!

↑お色直ししたシンデレラ城。この涼しげな色合い好きです。どうしてもアレンデール的に見えてしまう。

六十周年のテーマはダイヤモンド✨

周年グッズは、一人一日五点まで!という購入制限があった。

今、ディズニーランドは六〇周年のお祝いをしていて、グッズはもちろんのこと、いろんなアトラクションもセレブーション仕様になっているので、ぜひ見てみてね!

しかし、こういうのが楽しいかどうかは、かなりメンツが関係してるね。今回Fionaの他、タバタと別の友だちと行ったのだが非常に面白かった。実は去年もFionaと、タバタ物書き志望の美女Emmaと一緒にディズニー・リゾートに行ったのね。しかし、ただでさえテンションが低いEmmaの具合が悪くなり、全体的につまんなかったのよ。←その日はEmmaの誕生日当日。かわいそうに……。

実は最近Emma宅でハウスパーティーがあって、それもなかなか興味深かったんだけど、その顛末についてはまた今度。