#あたシモ

虹の向こう側

【検証】アリシア・キーズ根強い「レズビアン説」はどこから?

Here

前回の記事で、グラミー賞の司会を務めたアリシア・キーズのレズビアン説について紹介しました。

前提として、わたしは、本人が公表していないセクシュアリティについてとやかく言うことが好きではないです。しかしセレブリティとして影響力を持つ人が自らのセクシュアリティについて発言することも、発言しないことも、もはや政治的な解釈から逃れることはできません。ここでは、「なぜアリシア・キーズにはレズビアンの噂がつきまとっているのか?」過去のアリシア・キーズを巡る発言などを紹介しながら「本当はどうなのか」とはまた別の目線でまとめてみました。

アリシア・キーズのボーイッシュなスタイル

アリシア・キーズの「レズビアン説」の一つの根拠には本人のファッションがあると思います。アリシア・キーズは、2000年前半まで非常にボーイッシュな格好をしていました。キャップ、ブレイズ、そしてバギーなパンツ……

2015年には、アリシア・キーズ自身が「かつてボーイッシュな格好をしていたのは目立たないため」だとするブログ記事を投稿しています。ニューヨークで路上を歩く女性に対して口火絵や声掛けなどがなされるキャットコーリングがどれだけひどいかを告発するビデオがかつてバイラルしましたが、アリシア・キーズも、有名になる前から、動物的直感によって口笛を吹かれたり、後をつけられたりすることを恐れていました。「一人で歩いている時に、ほっておいてほしい」ためにあえてスカートではなく、ジーンズを履き、髪をしばり、ボーイッシュな格好をした、というのです。それによってアリシア・キーズは、周囲の男性たちの態度が明らかに違うことに気づきました。

アリシア・キーズは、アーティストとして知名度が上がってからもそれを続けていたところ、「ゲイ」だとか「イカつい」と思われるようになってしまいました。「私はゲイでもないしイカつくもない」というアリシア・キーズは、だんだんまた居心地が悪くなり、ワンピースを着たり髪を下ろしたりして、自分の違う側面を見せるようにしてきた、というのです。

アリシア・キーズのノーメイク宣言

ボーイッシュ→グラマラスと変遷してきた、アリシア・キーズですが、近年では「ボーイッシュ」とも違うよりナチュラルなスタイルになってきています。その大きなきっかけが「ノーメイク宣言」アリシア・キーズは2016年5月にLenny Letterに寄稿した記事で化粧をするのをやめたきっかけ公表します。新しいアルバム『HERE』のための撮影をしていて、「美しい女性カメラマンに『今すぐそのままのあなたを取りたい』と言われ、撮影された自分を見たのがきっかけだとか。

In Common

実際にその年のMTVTV Video Music Awardsも、ノーメイクルックで出ています。この時は、時代の流れ的にも#nomakeupが流行っていて、アリッサ・カーラもノーメイクルックでした。アリシア・キーズはそれ以来ずっと、すっぴん風のノーメイクルックを貫いています。


シド・ザ・キッドによる批判

Ego Death

時系列がさかのぼり2012年に、アリシア・キーズはシド・ザ・キッドにLA Weeklyのインタビューにて言及されます。カムアウトしている黒人のアーティストが少ないことについて聞かれたシドは、アリシア・キーズを含む3人の黒人アーティストの実名をあげながら、彼らがクローゼットであることを、皮肉交じりに仄めかしたのです。

「アリシア・キーズはスウィス・ビーツと結婚してるけど、それがリアルじゃないことをうちらは知ってる。映画でコモンとキスしてるクィーン・ラティファもいる*1」。あと『女とつるむのは好きじゃない』とかいってるミッシー・エリオット。でも彼女が何人かの女友達を大好きなのは知ってるでしょ?」

たまに「アリシア・キーズは結婚して子供もいるからレズビアンじゃない!話終わり!」と言われたりしますが、現実のレズビアンを知っている人であれば、以下に男性とつきあったり結婚して子供がいるレズビアンが多いか知ってるはずなんですよね……(アリシア・キーズがそうというわけではありません。スウィス・ビーツとアリシア・キーズはともにインテリで気が合ってそうな気はします。ただどっちにしろ、夫婦間の本当のところなんて他人にはわからんものです)

シド・ザ・キッド自身は見るからにゲイなのですが、セクシュアリティを尋ねられることにうんざりしたとしてジ・インターネットの『コカイン』というミュージックビデオでカムアウトしています。

しかし、このミュージックビデオ、前半はスイートだし、ドラッグによる五感の変容もうまいこと表現しているのに、最後のオチが暴力的でちょっと残念。シド・ザ・キッドは「レズビアンという言葉は嫌い」で「レズビアンたちとつるむつもりはない」そうですが、この描写は女性に対する愛がなさすぎる気がしました。ジ・インターネットの音楽は大好きなんですが!

アリシア・キーズの歌詞

さて、話は変わり、アリシア・キーズの曲の中に「これは女性の恋人との歌」とされているものがあります。アルバム『HERE』に収録されている『Where Do We Begin Now』です。歌詞(抄訳)は、こんな感じ。

私たち、どうするの?
だって2人は女同士
こんなにずっと一緒に過ごして
もしかしてまだ経験してない
愛かもしれない
そう考えているけれど

まだちゃんと話し合うことすらできてない
でもあなたは、はっきりさせたい?

どうやったらこの愛が強いとわかるの?
うまくいかないことって、どれくらいある?

さあ、2人どこからはじめよう?
さあ、友達には何て言おう?

昨日あなたの夢をみた
それで胸がいっぱいで
すごくしっくりくることだけはわかる
自分の人生を生きようと思う

まだちゃんと話し合うことすらできてないけど
私から、はっきり言わせて

わお、この歌詞は……。

完全にゲイですね!

しかもお互いノンケで友達同士で好きになってしまい、初めてそういう感じになりつつあるけど戸惑ってる系。

もちろん、アリシア・キーズはアーティストでありクリエイターなので、全ての楽曲や歌詞を自伝的な方法で制作しているわけではありません。この歌詞自体がレズビアン的関係性を示唆するものだとしても(ま、明らかにそうですよね!)、それがアリシア・キーズ自身のセクシュアリティを反映しているとは限りません。

アリシア・キーズの文章

また、歌詞ではないですが、上で取り上げた「なぜボーイッシュな格好をしていたのか」「すっぴん宣言」を始めとする彼女自身が書いた文章を見ていると、「隠す」という文言がたくさん出てきます。

For as long as I can remember, I’ve hidden myself. (覚えている限り、私は自分のことを隠してきた)

I became comfortable hiding, my intelligence, my physical appearance, my truths, my thoughts, myself. (自分の知性、自分の肉体的な外見、自分の真実、自分の考え、自分自身、そういったことを隠すことが心地よくなっていた)

I realized that during this process, I wrote a lot of songs about masks filled with metaphors about hiding. (私は隠れることの暗喩に満ちた仮面についての多くの曲を書いていたことに気づいた)

もちろん、これらの言葉は直接的にはセクシュアリティについて語られたものではありません。

しかし例えば『アナ雪』の「レリゴー」が多くの人にとって「カミングアウトソング」として捉えられ「エルサに彼女ができるのではないか」という期待が生まれたように、アリシア・キーズの内省的な言葉と、そして彼女のスタイルの変遷は多くの人(特に深読みしがちな当事者)にとっては、彼女の内面の反映ではないかと捉えられているのです。

『アナ雪』エルサに彼女は出来るのか? #GiveElsaAGirlfriend の背景と私の予想 - QUEER NEWS JUNKIE

「エルサを放っておいて」#LeaveElsaAlone タグに対して感じるもやもや - #あたシモ

Amazon Music Unlimitedの30日間の無料体験でアリシア・キーズを聴く

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ

*1:クィーン・ラティファも以前からレズビアンの噂や相手も含めて囁かれているシンガー。映画『Just Wright』でラッパーのコモンとキスした時は多くのファンが「なんかおかしい」と突っ込んでいた