読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#あたシモ

虹の向こう側

リスクを取って行動できる人が勝つのは恋愛でも同じ~Pailyはなぜ誕生できたのか?~

「リスクを取らないことが最大のリスクである」というのは、ビジネスや投資本でよく耳にする言葉だと思うが、実は、これは人生全てにおいて通じる法則であり、恋愛についても同じである。

<恋愛におけるリスクを取れない例>

  • 好きな女に好きと言えない
  • 好きということを示せない
  • 声かけするべき時に声かけできない
  • 口説くべき時に口説けない

こーゆーをできない人間の恋愛がうまくいかないのは当然であり、そういう人が恋愛の愚痴を言うのはちゃんちゃらおかしい。人生何でも「待ち」の姿勢で思い通りになることを期待するなんてね、都合がいいんですよ!

なぜPailyは誕生したのか?

f:id:calibaby:20160128155248j:plain

海外ドラマ『プリティー・リトル・ライアーズ』の第一シーズンで、水泳部のキャプテンの座をエミリーと争っていたペイジ。ペイジは、エミリーに負けたくないと望むあまり、エミリーに嫌がらせをしたり、「ゲイだから特別扱いを受けているんだ」という噂を流し、両親や教師までも巻き込みながらエミリーを蹴落とそうとしてきたキャラだ。しかし、エミリーに「人のためじゃなく、自分のために泳ごう」と言われ、ペイジは少しずつ変わっていく。とある時、車のなかで突然エミリーにキスをし、「誰にも言わないで」といって、立ち去ってしまう。

f:id:calibaby:20160128154321j:plain

混乱するエミリーは「何があったのか話そう」と言うが、ペイジは「別に」と避けている。しかし、ある日、放課後街から遠く離れたカラオケバーで二人は落ちあう。知り合いに会う心配のない場所で、ペイジは自分の思いをエミリーに打ち明ける。

学校内で女同士オープンにつきあっていたエミリーとマヤの姿をみて、ペイジは、自らも女の子が好きなことを自覚し、何より自分がエミリーに恋していたことに気づいたのだった。

「女の子にキスしたのは私が始めて?」

「そう。マヤはあなたの初めての彼女なの?」

「初めての彼女だった。でも前にも女の子にキスしたことはある……わたしはアリソンに夢中だったの」

「アリソンも同じ気持ちだったの?」

「ううん」

これまで敵同士だったのに、突然打ち解ける二人。カラオケで同じ曲を歌いながら二人の距離は縮まっていく。

f:id:calibaby:20160128154334j:plain

ぶっちゃけ思った。

うううううう、羨ましい。

ペイジ、頑張ったじゃん。

ペイジにとって、これは、かなりリスクの高いものだったと言えるだろう。

  • ペイジはエミリーから相当嫌われている可能性が高い。
  • エミリーにはマヤという彼女がいる。
  • ペイジの家は伝統的でホモフォビック

そう考えると、ペイジが、エミリーにキスをしたり、その後デートに誘ったりするのは、相当大変だったと思う。

しかし勇気を出して行動したおかげで、ペイジは、エミリーとデートすることができた。

f:id:calibaby:20160128154441p:plain

ぃぃぃいいいいいいなぁぁぁぁ。

もちろん、これはフィクションの世界の夢物語。実際には、エミリーは存在しない。いきなり人にキスするとか、そういうのはやめた方がいい。下手をすると相手にトラウマを与える「性暴力」になりかねないし。そういうのを推奨してるわけじゃないよ。でもさ、何かを手に入れたかったら、何かを変えたかったら、リスクを取らないとだめなんだよ。でもペイジのこの勇気ある行動には「リスクを取ることの大切さ」を改めて学んだ。

シングルの皆、ペイジの勇気を見習ってほしい!

プリティ・リトル・ライアーズ 〈フィフス・シーズン〉 コンプリート・ボックス(13枚組) [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-07-22)
売り上げランキング: 36,652

↑すみません。まだシーズン1でもたもたしています。

Shay Mitchell A3 (297x420mm) Repositionable Peel & Stick Poster FS2601

↑『プリティー・リトル・ライアーズ』でエミリー・フィールズを演じているシェイ・ミッチェル。可愛すぎるよー!

yuichikawa.hatenablog.com

yuichikawa.hatenablog.com