#あたシモ

虹の向こう側

アメリカのクラファンで見つけた!超音波クリーニング系比較

アメリカのクラウドファンディングサイトIndiegogoで見つけた面白いものを紹介します。

じゃん。

f:id:calibaby:20171023130617p:plain

耳栓ではありません。

Sonic Soak」という携帯式の超音波洗浄機です。メガネ屋の店頭においてあるアレですね。小物の汚れが気持ちよいほど取れるほか、フルーツなどの洗浄にも使えることを売りにしているようです。

あとは小型なので、旅先とかに気軽に持っていけるのがよいという部分ですね。

気になるお値段は、Indiegogoスペシャルで今なら125ドル。希望小売価格は、250ドル程度を予定しているらしい。結構お高いなあと思って、調べてみると、据置式のマシンは100ドル以下であるものの、ポータブル式だと300ドルくらいするのは普通なので250ドルというのは十分競争力があるのかもしれませんね。そう考えたら125ドルでもポチりそうになりましたが、ちょっと待て。「日本でもっと手軽な超音波洗浄機があるのでは?」そう思って探してみた。

シャープ 超音波ウォッシャー「UW-A1」

シャープ 超音波ウォッシャー ピンク UW-A1-P

はい、ありました。シャープのこれ。水筒ではありません。

【家電製品ミニレビュー】はたして超音波クリーナーで、服に付いたシミや汚れをキレイにできるのか!? - 家電 Watch

レビューを見ると、なかなか良さそうですが、服のクリーニングに特化していて実売1万以上いっているようなので、洋服だけでなく、「なんでも洗える」という点では、上のSonic Soakに強みがあるかもしれませんね。でも、車のシートのシミのように、洗面所まで移動できない汚れを落とす時には、ポータブルなものがいいかもしれませんね。

ハイアール AQUA ハンディ洗濯機 COTON(コトン)

アクア ハンディ洗濯機(チタンゴールド)AQUA COTON コトン HCW-SHW10-N

COTON(コトン)は、上のシャープ超音波ウォッシャーとかなり形が似ていて、少し価格が安い感じです。実際に選択した比較記事を見つけました。

超音波ウォッシャー VS コトン! ハンディタイプの洗濯ツール、どっちを買う? - 価格.comマガジン

実は、コトンは「超音波」ではなく、機械がコトコト動いて物理的に汚れを叩き落としてくれる仕組み。面白い製品だとは思いますが、価格.comのレビューによれば「シャープ超音波ウォッシャーの方がイイ」みたいですね。

ソニック・エリーナ UC-1000

クマザキエイム Bearmax 「超音波の力でガンコな汚れを一掃」 充電式超音波洗浄器 【ソニック・エリーナ】 UC-1000

こちらの製品ソニック・エリーナは、更にお手頃価格。ただ、初期不良が多いらしく、評価はイマイチです。

また、レビュー記事を見たところ、汚れの落ちもまあまあみたいですね。個人的にはデザインも微妙なので、これは「ない」かなと思いました。

【家電製品ミニレビュー】はたして超音波クリーナーで、服に付いたシミや汚れをキレイにできるのか!? - 家電 Watch

おまけ「日本の製品をどうやってアメリカで買っているのか?」

わたしが、日本の製品を買ってアメリカに送る方法が、二つあります。

一つ目は「Amazonの海外発送」。Amazon.co.jp自体がそのまま海外に発送してくれるのを利用してます。Amazonはホント、便利ですね。

もう一つは、転送サービスです。小さめの通販ショップや、楽天などで海外発送に対応していない店で買う場合はこちらに依頼しています。海外在住の日本人の多くが利用していると思います。家族や友達に転送をお願いするのって色々気も使うし面倒なのですが、転送サービスはかなりお手頃かついくらでも頼めます。(一部製品によっては転送不可能なものもあります)

海外転送サービスを比較しているブログはいろいろあるので、見てみてくださいね。

海外転送サービスの評判?バッゲージフォワードvs御用聞キ屋を比較 | Yomotoフランス雑記

今夜くらべてみました。海外転送 御用聞キ屋VSバゲッジフォワードコム|スイスで主婦は何をする?

※ちなみに、わたしが使っているのは「御用聞キ屋」です。複数のショップからの商品をまとめてくれたり、軽量化をしてくれたり……人間味があって、かゆいところに手が届くサービスが気に入っています。